2018年10月8日

毎週のように来襲する台風にうんざり。大型台風25号(コンレイ)の接近で気を揉んだが、北九州では強い風が吹いた程度で当店には被害がなくホットしている。もう今年はこれで終わりになると良いのだが…
昨日・今日と台風一過で良い天気で行楽日和となった。どこかに出かけたいところだが、台風に気をとられていたら10月も3分の1が過ぎようとしている。年賀ハガキの発売日が迫っている。そこで今日は休日返上で年賀状の見本作りをしている。来年2019年(平成31年)は亥年、十二支の最後の干支でもあり、平成最後の年でもある。
さて、この十二支小さい頃から聞かされてきた物語だが、調べて見るといくつか知らないこともあった。 大昔、神様が「1月1日の朝、挨拶に来た12番目までを毎年交代でリーダーにして仕事をして貰う」とおっしゃいました。そこで動物たちは自分が一番になろうと前日や当日の朝早くからスタートしはじめます。牛は歩くのが遅いので前日から歩き始め、これを予想していたネズミは牛に乗って一緒に出発しました。それで牛は他の動物たちより先に神様のところに現れたのですが到着寸前ネズミが飛び出し一番に挨拶をした事で、一番がネズミ、二番が牛。三番目の虎はこの話を噂で聞いたものだから違っていたら恥だということで三番に甘んじた。四番のウサギはみんなが休憩している間にピヨンピヨンと進んで四番目に入り、龍と蛇は一緒に神様の前に到着したのですが、龍が空を飛ぶことから尊敬に値すると順番を譲ったそうです。七番馬、八番羊、ときて九番の猿は昔から犬猿の仲である犬との喧嘩の仲裁役として鳥が間に入り、十番が鳥、十一番が犬、そして最後の猪は実は一番最初に到着していたのですが真っ直ぐにしか走れないので神様のところを通り過ぎてしまい、十二番目となったと云うことです。ここで話は終わらない、では十三番目はカエルともイタチとも云われていますが、カエルはそのまま「カエル」といって帰って云ったのですが、イタチは神様に何度もお願いしたことから、みんなに内緒で毎月1日を「つ・イタチ」と呼ぶことで納得してもらったそうです。そして猫は神様の伝言を聞く集まりに参加するのを忘れたためネズミに聞いたところ1月2日と嘘を教えて貰いそれで猫はネズミを追いかけるようになったと云う事です。
こんな話、小さい子に聞かせてあげたら喜ぶだろうか。

2018年9月29日

非常に強い台風24号(チャーミー)が接近している。950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、瞬間最大風速60メートルと云う。今日は早く帰って台風に備えよう!
ちなみに「チャーミー」はベトナムが提案した名前で椿の花

2018年9月24日

さすがにお彼岸ともなると涼しくなった。寝ていてもいつの間にかタオルケットを巻き付けている。夏の間、暑すぎて受注した仕事をこなすだけで精一杯だったのだが、このところ気温も下がり身体の動きも軽くなったせいか新しい事に挑戦してみようと云う気になった。そこで活版の押しの効いた凹印刷も魅力的なのだが、この活版を利用して凸盛り上がった印刷に挑戦してみた。まず、あまり圧力をかけずに印刷し、盛り上げ用の特殊パウダーを振りかけて熱すると、ふっくら盛り上がる。色も金銀など自由な色が出そうで面白い。まだまだ小さな文字や細線がどこまででるかまたコスト面や量的なものなど課題は多いがなんとか商品化できればと思っている。

moriage2

2018年9月15日

久しぶりに穏やかな週末を迎えたような気がする。猛暑に大雨や台風、地震と立て続けに災害に見舞われていた日本列島 。まだ北海道や大阪などでは復旧半ばではあるものの一安心と云ったところか? 被災者はそんな気持ちにれないだろうが…
ニュースを見ていると家や樹木が倒れ車が水に浸かり流されトラックなどは横転する始末、自然の恐ろしさをまざまざと感じた夏であった。中でも気になったのは被害に合った車達。もう使えないのだろうなぁと思ってしまう、と云うのも我が家の愛車が来月車検を迎えるに当たり、引退することになった。約15年間、12万㎞ これと云った故障もせず災害にも合わずよく頑張ってくれたものだ。ただただ感謝である。
さて、秋はもうすぐそばまでやって来ている気がする。近くの学校では運動会の練習で元気な声が聞こえてくるし、隣のコンビニには暖かく美味そうな中華まんの幟が出てきた。なんと郵便局では年賀状の幟もはためいている。うぁ〜もうそんな時期なのかゆっくり秋を満喫したいのだが、こちらも年賀状の見本を作らなければと少々焦ってしまう。まぁ暖かいコーヒーでも飲みながら構想を練るとするか……

2018年9月9日

朝夕は随分と涼しくなり酷暑の夏もやっと終わったようである。これでホットしたのもつかの間、先週より心配していた台風21号(チェービー)が四国から関西に上陸し多大な被害をもたらした。中でも関西空港が大変なことになった。滑走路が水に浸かり、空港への道路(橋)にタンカーが流され衝突、この為空港が孤立状態となり、約8,000人が身動き取れない状態となってしまった。このほかにも屋根や家が飛ばされ、車が横転するなどビックリするようなニュース映像が流れている。それに加え6日未明、北海道南西部で震度7の大地震が発生した。厚真町と云うところの被害が大きく、広範囲で山崩れが起き山肌があらわになっている新聞の写真を見たときはまるで土色の絵の具いたるところに塗ったかのような異様な光景であった。この地震で苫東厚真火力発電所が停止、この影響で北海道全体が大停電となり真暗闇なった。
このところ自然に翻弄されどうしの日本列島、つくづく人間の力のなさを感じてしまう。それでもこの大自然と向かい合わなければならない。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives