2018年2月24日

ようやく寒さも和らぎ暖かい日がさしてきた。久しぶりに洗車をしようという気になり洗ったのだが考えてみると約1ヶ月、雪や雨そして寒さを理由に何もしていなかった。ひどい汚れである。汚れがひどかった分キレイになると見違えるようになった。何だかよく走りそうな気がしてきた。
さて、ピョンチャンオリンピックも終盤となり25日は閉会式、日本は過去最多の11個のメダルを獲得し大活躍! 印象に残ったのが女子スピードスケートの選手達、中でも我が輩が一番感動したのが「女子団体追い抜き」(パシュート)の4選手(高木菜那・美帆の姉妹と佐藤綾乃、菊池彩花)このメンバー身長もかなり違う中で一糸乱れぬ隊列でスケートの左右・幅は勿論腕の振りまで見事にピッタリ、コーナーを曲がるときなどは早さもさることながら美しさを感じた。素晴らしい!! 4選手で掴んだ美しい金メダル おめでとう!
こんな美しさは仕事にも通じるところがあるような気がする。「美しいデザイン・印刷に心がけよう」と影響されたオリンピックだった。

2018年2月18日

北九州地方は久しぶりに青空が広がり絶好のマラソン日和となった。そう今日は北九州マラソンの日である。知人が走ると云うことで朝から応援に出かけた。あの有名な市民ランナー川内選手とその兄弟が出るということで楽しみにしていた。まだ来ないだろうと思っていたのだがこちらが沿道12km地点あたりにたどり着く前、遠目にもスゴイスピードで走り抜けていった。ダントツの独走である。弟2人も後を追っていた。それにしてもスゴイ人数である。それも抽選だという、走れない我が輩からすると何か大きな魅力があるのだろう。今度知人に聞いて見よう。
さて、ピョンチャンオリンピックが第9日にして大いに盛り上がっている。これまでメダル第1号のモーグル原選手を始め、女子ジャンプの高梨選手、スピードスケートの小平・高木選手、ノルディック複合の渡部選手、スノーボーハーフパイプの平野選手、などメダルを獲得していたが昨日フィギアスケートで羽生選手が待望の金メダルしかもソチ大会に続いて連続である。大会前には怪我をして出場すら危ぶまれていたのに見事な復活であった。そして銀メダルに輝いた宇野選手もアッパレであった。このワンツウフィニッシュに号外が出ていた。今後もまだまだ感動と元気を与えてくれそうだ。

marason 1

 

2018年2月10日

やっと寒波がやわらいだ。昨日は気温も10度超え身体の動きも良くなってきたような気がする。とにかく先週から寒い日が続いた。老体にとっては厳しかった。そこでこれまで使った事のなかったマフラーを買い、娘に教えて貰った〝レッグウォーマー〟なるものを履いてみた。男がそんなもの使うか! と思っていたのだが、実際に使ってみると、これは良いなかなかの優れものだ。「三つの首(何だか物騒な言葉だが首、手首、足首のこと)」ここは皮膚がうすく冷えやすいのでこの3ヶ所を温めると血流が良くなり身体全体が温まるという。これで外に出た見ると確かに違う、早く使うべきだった。これで次の寒波が来ても大丈夫だ!!

IMG_0505

2018年2月3日

冷たい日が続いている。来週も冷え込むようである。金属製のものを見ただけでも冷たさが伝わってくる気がする。水道のカラン・ドアノブなど、まして触るとヒヤーとする一気に体温が下がる(ちょっと大げさかも?)ようだ。印刷機もインキも冷え切っている、エアコンで温めてからの作業となる。
さて、今日2月3日は節分、そして明日4日は立春なのだが春とは暦の上だけ、まだまだ寒い。近年節分には恵方巻きというのが定着しているが、この巻き寿し江戸時代から明治にかけて大阪の花街で節分をお祝いしたり商売繁盛を祈ったりしたのに始まったと云われています。「恵方巻き」という名称は1989年広島のコンビニ(セブンイレブン)が太巻きを販売するにあたり「恵方巻き」として売り出したのが最初と云われています。これが全国に広がったようです。そもそも〝恵方〟とは歳徳神(としとくじん)という神様のいる場所を指すそうで歳徳神というのはその年の福徳(金運や幸せ)を司る神様で、年徳・年神様・正月様とも呼ばれ、昔からなじまれている神様です。この歳徳神様のいる場所は毎年変わりそれに伴い恵方も変わっていくという。今年は丙(ひのえ)ということで「南南東」が恵方だそうです。それでは「南南東」に向かってだまって丸かじりといきますか!

2018年1月27日

日本列島が凍り付いている感じ、スゴイ寒さが続いている。ここ北九州でも氷点下を記録、しかも何日も続いている。長く生きた来た我が輩の記憶にはないような気がする。手先、つま先が冷たい、身体も頭も凍り付きそう! ロシアの極東サハ共和国では-65度を記録したという。それに比べれば-1度なんて…とも思うのだが寒い。おまけにインフルエンザが流行っている。A型・B型が同時に流行しているそうで、患者数がスゴイらしい気おつけなくてはいけない。
こんなに外は寒いのに大相撲初場所の土俵が熱い 場所前から不祥事が続きどんな場所になるのかと心配していたら、やはり前半はひどい状態だった。白鵬、稀勢の里の両横綱は途中休場、ただ一人横綱鶴竜が頑張っていたのだがここにきて4連敗とふがいない。そんな中、平幕栃ノ心が1敗を守って千秋楽を待たずに優勝を決めた。ヨーロッパのジョージア出身のイケメン(ニコラスケイジ似)の関取だ。これまで怪我に泣かされていたという。今でも右膝の大きなサポーターが痛々しいがよくぞ初場所を盛り上げてくれたと思う。平幕優勝は6年ぶりだと云う。30才という遅咲きの栃ノ心にアッパレ!!
さて、今日は早く帰って暖まろう そして明日は日曜日だ一日だけだけど冬眠することにしよう。

 

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives