2014年12月23日

11月中旬から始まった約一ヶ月に及ぶ年賀状印刷のための合宿生活もようやく終わりに近づいた。ああ忙しかった! 寝る時間が少ないというのは身体にこたえる。ていうか頭にこたえる。寝不足は脳みそを腐らせるのか?仕事の能率がガクンと落ちているのが解る。とは言えどうにか終盤を迎えることができた。ヤレヤレ  気がつけば昨日は冬至そして明日はクリスマスイブもう年末である。合宿生活の間、巷の情報があまり入ってこない、テレビ・ラジオ・新聞すらゆっくり見る時間がなかったこの間、選挙有り、Jリーグは終了し高校駅伝も終わっていた。(政治とスポーツを一緒にするのはどうかと思うのですが…)現代の浦島太郎状態! チョット大げさかな 今の心境「正月は絶対寝正月にするぞ!!」

話は変わるがこの忙しいさなかに隣にコンビニが出現(隣のコンビニの開店と内の忙しさは関係ないのだけれど…)便利は良くなったのだが、24時間営業のため深夜まで煩くてしょうがない。最近コンビニの開店が目立つ、当店から歩いて2・3分の処に3件もコンビニがある。よそ事ながら大丈夫かなと思ってしまう。そこでお客の出入りを観察していると意外と近所の主婦やお年寄りが多く入っている。以前は若者中心だったのが最近は客層が広がっている。世の中徐々に変化しているようである。我が輩もお年寄りの一人なのだが⁉

konbini

2014年12月15日

毎年恒例の京都 清水寺で発表される 今年の漢字は「税」であった。我が輩の予想(青)は大ハズレ、上位10傑にもはいっていなかった。残念! 確かに4月のに消費税が5%→8%に上がった為、3月までの消費が大きく増え、特に車・家電など高額商品を購入する人も多く、特需で喜んだのもつかの間、今度はその反動で消費が落ち込むなど「税」に振り回された感は否めない。しかもこの師走での衆議院議員選挙、最後まで政治に翻弄された一年だったように思う。今日14日に投開票が行われているのですが、どうやら自由民主党の圧勝のようです。が、少し気になることがある それは投票率の低さである。まだ正確な数字は出ていないがかなり低い模様、結果が見えていたためか、政治に嫌気がさしたのか? これでは国民の声とは云えないのではないか、せめて60%は超えたいものである。棄権も一種の意思表示なのかもしれないが…… 政治家諸君 まずこの投票率を上げるための策を講じる必要があるのではないだろうか。
当選した議員さん達には、この選挙が無駄遣いだったと言われないような政治をして欲しいものである。

2014年12月7日

12月に入り寒さが身にしみる。店の前の銀杏の木、冷たい風に吹かれ落とされていく 毎年の事ながらこの掃除が大変である。吹きだまりとなる近所の家では黄色い枯れ葉が山積みとなる。銀杏の木はこれが冬支度、一方 店の近くに松並木がある。江戸時代には参勤交代の殿様たちも通ったであろう古い街道である。この松達の冬支度は菰巻きである。寒いから腹巻きをしているのではないようで、害虫であるマツケムシをこの中で越冬させ春に焼き捨てる害虫駆除の為なのです。
当方の冬支度は年賀状の印刷、受け付けが始まる15日頃迄が最も忙しい、あと一週間ほど身体が持つかな…。忙しすぎてサッカーを観る暇がない。最終節にもつれ込んだ優勝争いは、ガンバ大阪が昨年のJ2降格のうっぷんをはらした形となって優勝。これまで首位を走り続けていた浦和レッズはあと一歩勝ち点1及ばなかった残念 ピッチ上で涙涙の選手達、勝負ごとは厳しいものである。来年ガンバレとしか云えない! 我が輩は残り少ない今年を頑張らねば!

komomaki

2014年12月1日

師走、壁に掛けているカレンダーも最後の1枚になった。相変わらず年賀状の印刷でバタバタしている。衆議院選挙も重なりあわただしくなってきた。
さて、ユネスコ(国連教育・科学・文化機関)が無形文化遺産として「日本の手漉き和紙技術」を登録した。石州半紙(島根県浜田市)・本美濃市(岐阜県美濃市)・細川紙(埼玉県東秩父村)の三つ、昨年の「和食」に続き日本の良さがまた世界に認められた。我々印刷業にとって紙とは切っても切れない関係、特に当方では活版印刷で和紙名刺を使用しているので嬉しさもひとしおである。なかでも手漉き和紙は独特の風合いと柔らかな暖かみのある丈夫な紙で活版印刷がよく似合う。何年経っても変わらない(劣化しない)最高級の名刺が出来上る。フォント、レイアウト、色などデザインでお客様の個性や雰囲気・人間性までも1枚の名刺印刷で出せたら手漉き和紙の高級感に負けないような気がする。

washi

2014年11月24日

映画俳優 高倉 健 さんが逝ってしまった。福岡県中間市出身ということもあり、若い頃から親しみを感じていた。彼の礼儀正しさ、男らしさに惚れていた。我が輩がまだ学生だった頃から健さんの映画をよく観に行った。友人達と土曜日になるとオールナイトで朝まで映画館にいたのを思い出す。「昭和残侠伝」「網走番外地」など数多くの映画の中から“義理と人情”を教わったような気がする。その時の友人の一人が尋ねてきて小倉の映画館に哀悼の意を込めて記帳してきたとのこと 寂しいを連発しておりました。最近の映画「あなたへ」などでは日本人が忘れかけているものを健さんが思い出させてくれるような良い映画ばかりです。
♬ 義理と人情を秤にかけりゃ 義理が重たい 男の世界…… ♪
こんな歌が頭から離れない日々が続いております。 ご冥福をお祈り致します

さて、政治にはあまり口をはさみたくないのですが、先日21日に衆議院が解散されました。何だか訳の分からない解散劇、師走の忙しい時期に拍車をかけてくれました。基本的には安倍氏の考え方に同調しているものの今回の解散には納得がいかない、税金の無駄遣いではないのか? それともう一つ原発の推進、しかも海外にも売り込もうとしている。まだ福島の問題が解決していないのにどうも解せない!

がらりと話が変わり、仕事柄、漢字に興味があり毎年「今年の漢字一文字」を楽しみにしている。 12月12日に京都清水寺で発表されるもので、今年も募集が始まったようです。我が輩なりに考えて今年は「青」? こうご期待!!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives