2013年11月4日

11月に入ったものの晩秋のイメージはなく、寒さも感じない。寒がりの我が輩にとっては有難いことです。さて、月表カレンダーをめくるともう後2枚になってしまいました。早いものです!年賀状も売り出され、なんとなく気ぜわしくなってまいりました。粗品用のカレンダーもやっと出来上がり準備万端といったところです。今回は馬のイラストを入れてみました。皆さんに気に入って使って頂けると有難いのですが…

calendar1

楽天優勝おめでとう! マー君が負けて第7戦はどうなるかと案じていたのですが、他の投手 美馬,則本選手そして最後は、マー君が前日の160球の熱投の疲れも何のその見事に締めくくった。アッパレ!!

2013年10月26日

心配していた台風はどうやら去り、予想進路より少し南にずれたせいもあり被害は少なくてすんだようです。九州では台風一過で青空も広がり、ススキが風に揺れ秋本番を想わせるようになりました。秋が深まるにつれ当店は年賀状の準備で大忙しです。11月1日には郵便局が年賀ハガキを売り出します。このため発売前に見本を揃えなければなりません。当方ではカラー…36点、2色刷…8点,モノクロ…32点,これを文面に応じて一般のお客様用と商い用に分けて最後に1冊にして綴じて出来あがりです。結構時間がかかりましたがやっと出来あがりました。やれやれホット一息と言ったところです。これから1年を通して1番忙しい時期に入ります。体調を整えて頑張らなくては!! 来年(平成26年)は午年、何事も〝ウマ〟くいく年にしたいものです。

Šî–{ CMYK

2013年10月20日

ここのところ毎週のように台風が相次いで来襲してきます。今年は発生数が多く被害も大きいようです。とりわけ26号は伊豆大島を襲い多数の死傷者を出してしまいました。27号も接近しており心配です。災害で命を落とす人もいれば、中東やアフリカなど革命や戦争で命を亡くす人、さまざまです。今の日本は災害さえなければ平和でいい国だと思うのですが…
先日、娘が文庫本を読みふけっているので何を読んでいるのか尋ねたところ百田尚樹氏の「永遠の0」と言う本でした。随分前に旅行した際、新幹線乗車前にキヨスクで題名に惹かれて買って読んでいたのでチョットビックリ、題名から想像して数学的なものかと思っていたのですが、戦争の話でした。孫が祖父の「宮部久蔵」という0戦パイロット最後は特攻で亡くなるのですが、この人の人物像を戦友や知人にどんな人間だったかを取材し確かめてゆくストーリーですが当時の軍人の心の描写に涙しながら読み進みました。この本は命の大切さを考えさせられた本で強烈に印象に残っていました。秋の夜長に読書もいいのではないでしょうか。

2013年10月13日

朝夕はめっきり涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑さを感じます。Tシャツ1枚で仕事をすることも少なくありません。10月の半ばだというのに…… 先日新潟では35度を記録「お〜い地球さん 大丈夫か!!」と云うよりもこちらの身体の方が壊れそう。さて、この時期はノーベル賞の発表週間、いろいろな賞がある中で毎年物理学賞に注目しております。今年は、ピーター・ヒッグス博士とフランソワ・アングレール博士が受賞しました。物に質量を与える粒子だそうで難しい事は解りませんが、2008年に同賞を受賞した南部陽一郎博士の影響を受けたそうです。また実験には日本の企業の超伝導ケーブルが多大な貢献をしたそうで日本人として誇りに思います。こうしたニュースを聞くとなんだかワクワクします。日々の研究開発は大事だなあとつくづく思う次第です。我が輩もノーベルの飴でもなめながら精進努力していかなければ……。

2013年10月5日

朝夕は随分涼しくなりました。10月の声を待っていたかのように、いちょうの木からは銀杏が落ちてくるようになり、今年もあと3ヶ月、そろそろ年賀状の準備を始めなくては……まず手始めに喪中はがきの見本づくりです。相手の方が年賀状を書く前に出すのが良いと思います。郵便局が年賀状を売り出すのが11月1日ですので、10月末から11月中旬くらいに出すのがいいでしょう。最近は文字の色は黒で書く人(印刷する人)が多いようですが、本来は薄墨(グレー)で出すべきもののようです。墨をする際、悲しみのあまり涙が硯に落ちて墨が薄くなったと云われています。ハガキ1枚にも昔の人の心情が表されているようで優しい気持ちにさせられます。そんな心をくみ取りながら印刷しなくてはと思っております。

Šî–{ CMYK

 

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives