2013年8月3日

連日の猛暑で少々バテ気味です。学生さんは夏休みでいいなあと思いつつ、そういえば最近ラジオ体操を見かけない、どうしたんだろう? 我が輩が小学生の頃はみんなで朝早くからラジオ体操をやっていたのにランニングシャツに半ズボン、首からスタンプカードをぶらさげて…なつかしい光景となってしまったようである。ここ何年くらいだろうか子供達がやらなくなったのは、日本の良い習慣とも言える朝のラジオ体操、健康のためには一番いいのではないでしょうか。そこで、最近腰が痛くなったり、腕が上がらなくなったりと万全ではない体にラジオ体操を習慣付けようと毎朝、仕事前に始めました。3日坊主にならなければいいがよいがと本人も自信がないのですが、ともかく3日は過ぎたので記録を伸ばしていきたい記録とは大げさですが、楽天のマー君に元気をもらって15連勝はしたいなあ…いやいやせめて学生さんの夏休みが終わるまでは頑張るぞ!!

 

radio

2013年7月28日

戸畑祇園(国重要無形民俗文化財指定)
309個の提灯、高さ約10メートル、重さ約2.5トンの大山笠4基と高さ約9メートル、重さ約1.5トンの小山笠4基が2本の棒で担ぎ上げられます。担ぎ手達は肩の皮が剥けると聞きます。それほどの重さのため担ぎ手達の息が合わないとなかなか前に進みません。太鼓、鉦、笛、合わせ鉦で奏でるお囃子(おおたろうばやし)でヨイトサ! ヨイトサ!の掛け声で戸畑の街を練り歩きます。7月27日は区役所前で光のピラミットの大競演会です。左へ右へと傾くたびに観客から歓声があがります。提灯が燃えることはありますが、倒れたという話は聞いた事はありません。しかし見ている方はヒヤヒヤすることもたびたびです。そんな山笠が抜きつ抜かれつの競争をする様は圧巻です。とばたっ子の血が熱くなる夜です。
戸畑祇園は提灯(ちょうちん)山笠が有名ですが、もう一つの顔があるのです。それは昼間に運行している幟山笠です。実はこの幟山笠が夜になると提灯山笠に変身するのです。こんな祭りは全国でも類を見ません。観客の前で幟山笠から提灯山笠へと変わるのです。釘など1本も使わずにものの2〜3分で組み上げていく様は見事です。
それからもう一つ忘れてならないのが「お囃子」です。神社から出るとき、街を練り歩くとき、神社に帰るとき等それぞれの行事によって5種類(居かぐら、獅子舞、大くだり、おおたろうばやし、大のぼり)のお囃子を使い分けています。この趣のあるお囃子に耳をかたむけると戸畑祇園の奥の深さを感じると思います。

 

1362nobori2 1508chotinn 1

 

2013年7月20日

夏祭りシーズン到来! 夕暮れ時になると太鼓の音が響きわたるようになってきました。練習中のようでリズムに乗れそうで乗れないもどかしさ…… それでも少しづつこちらの頭の中のリズムと合うようになってきました。来週には戸畑祇園山笠の本番です。独特の「ヨイトサ!」「ヨイトサ!」の掛け声がつい口から出てしまいます。祭りの山車にはいたるところに金銀の装飾品が使われていて目をひきます。そこで当方も金箔・銀箔に挑戦してみました。印刷で金色・銀色のインクでコート紙や輝きが増しそうな紙を使用してみても、どうしても沈みがちです。箔の輝きにはとうてい追いつけません。ならば金箔・銀箔を使用し名刺を作ってみようということになり、あれこれ試行錯誤の末やっと出来上がりました。まだ紙や箔の種類は限定され課題は多いのですが、少し光が見えてきたような感じです。箔だけにもっと輝く成果を出したいものです。

kinhaku1

2013年7月13日

梅雨が明けたとたん、猛暑が襲ってきました。各地で35℃を超える暑さ、いや「熱さ」のほうがピッタリかもしれません。熱中症で病院へ担ぎ込まれる方も多いようです。以前は熱中症という言葉すらあまり耳にすることはなかったように思います。これも地球温暖化の影響でしょうか? 北極・南極の氷が溶け出しているとは良く聞いておりましたが、そろそろ直接人間にもおよぼし始めたのかもしれません。

今回はシールのお話しです。日常あらゆるところで目にするシール! スーパー・コンビニをはじめ工場・病院など目にしない日はないと思える程使用されています。シールを作る場合たくさん注文しないと印刷してもらえないと思っている方が多いようですが、松原印刷では少数10枚から受注いたします。しかもいろんな形に仕上げることが出来ます。また、材質も上質紙・アート紙・透明シートそれに下が透けて見えない訂正用シールも作成できます。印刷後ラミネート加工も可能です。使い方はさまざま、アイデア次第で貴方だけのオリジナルシールが出来あがります。

詳細 お問い合せは松原印刷まで

seal_2 sael3

 

2013年7月6日

梅雨末期の症状なのか、このところ激しい雨が降り続いています。道路が通行止めになったり、倉庫の天井から雨がポタポタと落ちてきたり、また、取引先の印刷会社では印刷物が水に浸かったりと大変です。思わず天に向かって水不足も解消したし「もういいよ!」と叫びたくなります。
そんなうっとうしい日々に嬉しいことがひとつ、先日の父の日のプレゼントに革の名刺入れが届きました。息子夫婦と娘からのものでコードバンというかなりの高級品らしい、仕事柄名刺は良く使用するので有難い、自慢げに取り出して相手によく見えるように使っています。
革のダイヤモンド King of Leather と呼ばれているものらしく、農耕馬の臀部から採れるもので、しなやかで強靱かつ肌目が細かく美しい。こんな名刺入れに合う気品と高級感漂う名刺を作っていこうと思う次第です。

meisiire-1 meisiire2

 

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives