2015年2月8日

厳しい寒さが日本列島を覆っている。節分が過ぎ、2月4日は立春、春とは名ばかりで、このところの寒さに震えている。その立春にまつわる面白い話を聞いた。それは「立春に卵が立つ」中国の古い書物に書かれていたという。これをもとに1947年に東京、上海、ニューヨークで実験が行われたせいで広く知られるようになったらしい。我が輩が生まれる前の話でまったく聞いたことがなかった。卵の殻には小さな凹凸があってそれが3つ以上の支点となり且つ重心がとれれば立つということらしい。とにかくやってみようということで、テーブルの上に卵を持ってきた。う〜ん なかなか立たない集中・集中と息をこらして10回、11回、12回とやっているうちにだんだん立ちそうになってきた。 やったー立った!立った! およそ3分ほどで見事に卵が立った。〝ヤルジャン〟と自画自賛ちょっと良い気分 何だか良いことがありそう…(単純すぎるかなぁ)。
「卵が立つ」を調べてみることに…すると〝コロンブスの卵〟の話が出てきた。昔聞いたような気がしたので読み進めてみると、なかなか面白い話であった。有名になったコロンブスが貴族らの会に招かれ「新大陸発見など誰でも出来る」と中傷されたそこでテーブルの卵を一つとり「それではこの卵をテーブルの上に立ててみよ」と云ったが誰もできなかった。そこでコロンブスは卵の尻をこつんと潰し立ててみせ、「新大陸発見もこれと同じだ。西へ船を走らせれば誰でも大陸にぶつかるかもしれない。なんでもないことであっても、それを最初に思いつき実行することが重要なのだ。」と述べたという。

tamago_tatu

2015年2月1日

もう1月も終わり、今日から2月「一月が往く、二月は逃げる、三月は去る」と云われるが、もたもたしていると2月も逃げるのだろうなあ… サッカーアジア杯はオーストラリアが延長戦の末、韓国をくだして初優勝を成し遂げた。サッカー好きの我が輩は日本が早々に敗退したため応援の熱が一気に冷めてしまって観ていなかったのだが、決勝戦はなかなか白熱した良い試合だったようである。話は変わるが、同じアジアの闘いでも中東イスラム国を名乗るテロ集団に拘束されていたジャーナリストの後藤健二さんが殺害された模様で、先週からとうとう日本人二人目である。ヨルダン政府と協力してなんとか救出しようとしていたのに残念で仕方がない。ヨルダンのパイロットも安否不明のままである。世の中、サッカーに興じているアジアの人たち、一方 武器を持ち殺し合いをしている人たち、置かれた状況でこうも違うものか、話の解らない人間性のない奴らに腹が立ってしょうがない。  テロリストを絶対に許してはならない!!

2015年1月25日

とうとうイスラム国の非道が日本にも及んできた。二人の日本人が拘束され身代金2億ドルを要求されている。この額は安倍首相がイスラム国と戦う周辺国の人道支援として表明した額と同じである。こんな行為は許しがたいもので、相手の要求をのむべきでものではないが、二人の命も大切  どう対処すべきか日本政府も苦慮している様子、相手の72時間という期限が過ぎた昨日一人が殺された模様である。こんなテロ行為は決して許されるものではない。中東アフリカなどでアラブの春以降 紛争が絶えない。今に始まったことではないが昔からこの地球に人間が生まれてこのかた大なり小なり争いごとは絶えないようである。そして最終的には武力抗争となってしまう。そもそも人間という動物は世界がいや地球が破滅しない限り争いは続くのだろうと半ば捨て鉢的な考えに陥ってしまう。それにしてもなんとか残り一人の日本人を救えないものか……

2015年1月18日

1月も中旬を過ぎ そして明後日20日は大寒、まだまだ寒い日が続きそうです。寒い日の行事といえば、我が輩の中では成人式とセンター試験それとマラソン、今日18日は北九州選抜女子駅伝が開催されました。店の前を襷を胸にランナー達が駆け抜けていきました。一般の部は九電工、高校は大阪薫英が優勝、地元の北九州市立は健闘し3位に入りました。順位はともかく一生懸命走る姿はみな美しい。
一方、センター試験は、昨日と今日行われましたが、受験生にとってこれからの人生を左右する大事な試験である。一生に一度ガムシャラに勉強するこんな姿も美しいと感じる。これらのシーンを見ていると一生に一度でなくても一年に一度、いや一月に一度でも なりふり構わず何かに全力で打ち込んでみたい気持ちになる。
動画サイトに投稿していた馬鹿な19歳の万引き少年が身柄を拘束されたというニュースが流れたが、その能力、エネルギーを他のものにぶつけていたら良いニュースとして世間を騒がせたかもしれないのに残念である。
残念なことがもうひとつ、大相撲の元関脇 豊真将関が引退表明、下関出身で、甥が中学生の頃一緒に相撲を取っていたという縁もあり大ファンとなり応援していたのですが、ケガが治らず引退を決意したとのこと、あの真面目さと礼儀正しい姿勢は、他の相撲とりの手本になっていたのに残念! 今後は礼儀正しい強い関取を育ててほしいものです。

2015年1月12日

松もとれ やっと日常がかえって来たという感じです。
今年は活版印刷を充実させようと考えております。これまで忙しく、構想だけで終わっていたものを少しづつ実現させていこうと思います。幸先の良いことに年頭から婚礼の招待状の仕事が入ってきました。といってもこれは身内の仕事で、三十路を過ぎた娘がやっと結婚することになり、その招待状です。(こんな風に書くと娘に怒られるかもしれませんが…) ともかく娘から「活版印刷で作って欲しい」と依頼され、親父としては嬉しくも有り、ちょっぴり寂しくも有りといったところです。デザインは大阪にいる息子が担当し、印刷は親父という家内工業的なことになりました。招待状は特Aクッション、封筒は厚めの洋1に淡いグリーンで、出戻ってこないようにグッと押し込み 圧をかけました。勿論、幸せになるように愛情も込めて……

Wedding

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives