2018年4月1日

青い空に淡いピンクの花、ソメイヨシノが満開である。良い季節だなぁ こんな春を満喫したいところだが年度替わりということもあって、名刺の印刷が多く、ゆっくり花見というわけにはいかない。
球春とも云われるが高校野球もベスト8まで進んでおり、白熱した試合が続いている。なかでも彦根東の増居投手は9回までノーヒットに抑えながらも勝てなかった。10回にサヨナラ負けをしてしまった。野球は最後までわらないドラマである。また、プロ野球も開幕、我が輩の注目のチームはセリーグがヤクルトスワローズ、パリーグは西武ライオンズこの2チームが優勝争いに絡んでくると予想している。果たしてどんなシーズンになるのか? そして大谷翔平選手の抜けた日本野球界に新しいヒーローが生まれるのか? 楽しみである。

sakura

2018年3月24日

このところ急に気温が上がり各地でサクラが咲き始めた。例年より随分早いようである。
さて、先頃読んだ本の一節にお金の話が出ていた。主人公が「お金が好きか」問われる。「勿論好きだ」と答える。ならばお金についてどのくらい知っているかと再度問われると、言葉が出てこない。我が輩もそうなのだが毎日見たり使ったりしているのによく知らない。A4やB5の紙の寸法は知っていてもお札の大きさは知らなかった。表題の数字(76×160mm)は1万円札の寸法で、5千円札は76×156mm、2千円札は76×154mm、千円札は76×150mmだそうだ。これほど身近にありながらあらためて測った事がなかった。それにこの1万円札2004(平成16年)にデザインが変わっていた。福沢諭吉の肖像画は同じなのだが他の絵柄が変わっている。あまり縁がないとはいえなんと無頓着なことか(当時はニュースで見たりしたのだろうが忘れている)自分でもあきれる。ちなみに厚さは約0.1mm、重さは約1g、1円玉と同じである。1億円で約10kg、ああそんなものかと実感がない。これだけ身近にある? のだから定規がわり、量りがわりに目安としてもいいのかなと思うが、我が輩の場合1万円札を重さの目安にすることはない。せいぜい1円玉で量るくらいだろう。また、印刷屋の視点からいうと、№はもちろんのこと、透かしあり、ホログラム(角度を変えるとサクラの絵柄になったり、10000の数字になったり,日本銀行のマークになったり)とスゴイ、それに加えマイクロ文字あり、インキで云うとパールインキ、特殊発光インキ(紫外線を当てると印鑑がオレンジ色に光る、バックが黄緑色に光る)など1枚のお札にさまざまな技術が駆使されている。日本のお札は芸術だ! 益々お札が好きになった。これだけ大好きなのだからお札の方も我が輩を好きになってくれないかなあ…

2018年3月17日

春が来た! 朝夕は少し寒いものの昼間は20度前後、良い季節がやってきた。寒かった冬が嘘のよう、鹿児島ではサクラが咲いたとの情報もラジオから流れてきた。気持ちが良い
ここで少し残念なニュースも聞いた。イギリスのホーキング博士が宇宙へ旅立った。車いすの宇宙物理学者として世界に知られるケンブリッジ大学の教授スティーブン・ホーキンス博士 21才の時に運動機能がマヒするという難病にかかり余命2年と診断されたのだが、病気と闘いながら独創的な宇宙理論を次々と発表し、76才になるまで大活躍だった。我が輩は宇宙のことは良く知らないが、何年か前に息子が星出宇宙飛行士のTシャツのデザインをしてから宇宙に興味を持つようになった。今度博士の著書である「ホーキング宇宙を語る」という本を読んでみようと思う。何故か宇宙の事を考えると地球のことや我が輩の頭の中のもやもやなどチッポケに思えてくる。宇宙は壮大である。考え方も壮大でありたいものだ。

2018年3月10日

一昨日は寒くて震えていたのだが、今日は上着がいらない。暖房も入れなくて良い。これだけ温度差があると体調管理が難しい。とうとう女房は風邪をひいてしまった。我が輩はなんとかもちこてえているものの危ない感じがしている。
気温の上昇とともにサクラの開花も気になるところである。そういえば我が家ではサクラ模様のような湯呑み茶碗を一年ほど前から使っているのだが、先日ボーとしてお茶飲んでいると〝あれ!〟模様がない 安物の陶器だから剝げたのか? いや陶器なのだからそんなことはないだろう。よくよく見てみると あった あった ちゃんと花柄が見える。〝おう〟これは大発見 いや小発見くらいか今まで誰も気がつかなかった。チョトした角度で完全に花柄が消えてしまう。これは面白い、作者が意図して描いたのだろう。こんなデザイン好きだなぁ 以後この湯呑みで飲むお茶が美味しく感じられるようになった。女房よ割らずに永く使ってくれよ……

yunomi

2018年3月3日

3月だというのに北海道では数年に一度という強烈な寒波、強風と積雪に襲われている。気象台では外に出ないようにと呼びかけている。日本列島は長い、こちら北九州では考えられない。今日は気温も上がり〝春近し〟を肌で感じる。
3月3日ひな祭りである。ひな人形を飾っている家も多い事だと思う。大阪に住む孫二人も女の子、おひな様を飾って喜んでいることだろう。平安調のゆったりとした雰囲気がいい。
さて、ここでいつも疑問に思うのがおひな様とお内裏様の並べ方である。どちらが右・左? どうやら関東と関西(京都)では逆らしい。関東では、向かって男雛が左、女雛が右、これは武家中心の考え方で「右上位」が取り入れられたとされる。一方、京都や関西では向かって男雛が右、女雛が左に並べられている。こちらは「左上座」日本古来の左は右より格が高いという考え方に倣っているとされる。
まあどちらでも女の子の健やかな成長を祈るものだから深く考えなくてもいいか…
こちらは男の話であるが、Jリーグが開幕した。今年は6月にモスクワでW杯あり、誰が選ばれどんな戦いをするのか今からワクワクしている。そして野球も稲葉ジャパンが始動、今日オーストラリアとの一戦である。3月に入ると仕事もスポーツ観戦も何だか忙しい……

 

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives