2016年8月6日

いよいよ第31回リオデジャネイロオリンピックの開幕です。これといって自分で出来る競技はないのですが、何だかワクワクします。昨日、男子サッカーが先行して行われました。日本はアフリカの強豪ナイジェリアとの戦い、開始早々点を取られるもなんとか追いつくもまたすぐ取られるといったゲーム展開で結局 4-5で黒星スタートとなってしまった。最近ではあまり記憶のない5失点、守備の崩壊にガクゼン、それでも4点取った事は評価できるのではないだろうか? 次のコロンビア戦に期待しよう。応援しようにも、なにせブラジル リオは日本の裏側、競技の時間帯が合わない。そんなせいでもないだろうが… 次回はリアルタイムにテレビにかじり付いてしっかり応援しよう! これからお盆休みを挟んで21日まで睡眠不足と戦いながら精一杯応援していこう(ブラジルまで行けないので)。いい年したおっさんがテレビにかじり付くと画面がいやな顔をするかな?
おっともうオリンピックぼけではないが大事なことをお知らせするのを忘れていました。
☆お盆休み☆
◎8月11日(木)〜  15日(月)までです。 宜しくお願いします。

さて、8月7日は立秋、〝暑中見舞い〟から〝残暑見舞い〟へと変わります。暦のうえでは秋ですが、高校野球も始まりリオオリンピックと重なりスポーツ界が熱くなっており気温と同じように当分下がりそうにありません。くれぐれも熱中症にはご注意を……

 

2016年7月31日

猛暑が続く昨今、30日は土用の丑の日であった。年々高騰する〝うなぎ〟に今年は食卓に上がらないかと思っていたのだが、親戚筋から〝うなぎ〟のお中元が届いた。これは嬉しい、少々夏バテ気味の身にとってありがたい品。感謝しつつ美味しくいただいた。これで元気が出そう 頑張って働くぞ〜!
元気が出たところで土用の丑の日について少々調べて見た。土用とは立春、立夏、立秋、立冬の前18日間のこと、丑の日というのは十二支のうしのことで、年を数えるだけでなく、方角や月、そして日にち、時間を数えるのにも使われていた。今年の「土用の丑の日」は立秋が8月7日、その前の18日間の内、丑の日は7月30日だけ、十二支ということは12周期なので、昨年のように丑の日が2回になることも多々あるようです。ちなみに来年も2回土用の丑の日があるようです。それでは何故土用の丑の日に鰻を食べる習慣が出来たのか、諸説あるようですが、江戸時代夏に〝うなぎ〟が売れなくて困っていたうなぎ屋が、あの「平賀源内」に相談したところ「土用の丑の日はうなぎの日 食すれば夏負けすることなし」という貼り紙をしようということになり、結果大繁盛したという。「丑の日にちなんで〝う〟から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という説もあり、次第に「土用の丑の日は〝うなぎ〟の日」ということが広まった。本来〝うなぎ〟は冬が旬、これを夏にも売れるようにと平賀源内が考えたのが「夏の土用の丑の日」だったようです。つまり年間土用の丑の日は数多くあるということです。理由はどうであれ〝うなぎ〟はいつ食べても〝まいう〟である。

話は変わるが今日31日は都知事選、日本の首都である東京都知事が誰になるのか気になる。九州人の我が輩に選挙権はないのだが、2020年にオリンピック・パラリンピックが控えており、東京都民よ賢明な選択をして欲しい。もう税金の無駄遣いはして欲しくない。

2016年7月24日

暑中お見舞い申し上げます
本格的な夏がやって来ました。学生さん達は夏休みに入りうらやましい限りです。我が輩も宿題のない夏休みが欲しい… それにしても梅雨明けから急に暑くなったように感じる。老体にはこたえなあ こんな暑さにもめげず各地で夏祭りが盛んである。23日には地元の戸畑祇園提灯山笠の競演会が行われた。今年はユネスコ無形文化遺産登録候補となり担ぎ手達もより一層力が入っていたようです。高さ10m 12段に組み上げられた309個の提灯山笠「光のピラミッド」が右へ左へ揺れながら動く姿は勇壮的で、いつしか観客も「ヨイトサ! ヨイトサ!」のかけ声と拍手をおくっている。少し離れて観ると、競演会場一帯が幻想的な雰囲気に包まれているような感じである。210年以上も続くこの祭りが、暑さを忘れさせてくれる。

tobatagion

2016年7月17日

雨が上がると一斉に蝉が鳴き始めた。そろそろ夏本番を感じさせる。恒例のプロ野球オールスター戦が行われた。15日は広島球場、ここで試合前のホームラン競走で、日本ハムの大谷翔平選手が登場、投手としてファン投票で選ばれていたのだが、指のケガで投げられず打者として出場したのだが、なんと並みいる強打者を破り優勝してしまった。これにはビックリである。翌16日には横浜球場で第2戦が行われ、5番指名打者でスタメン出場で4打数3安打2打点、内1ホームランと大活躍、最後の打席は引き分けに持ち込むタイムリーで貢献、MVPを獲得した。なんと表現したらいいのだろう昔の長嶋選手、王選手のようなスーパースターになって行く予感、いや、すでになっているのかもしれない。前人未踏の二刀流で投げては日本最速の163kの記録を持ち、打者としてはホームランも打てるスゴイ22歳である。今後どんな活躍をするのか目が離せない。

2016年7月10日

7月7日は七夕(たなばた)でした。あいにくの空模様で天の川は観ることができませんでしたが、織姫と彦星は会えたのだろうか、大丈夫雨が降り天の川の水かさが増すと、カササギという鳥が羽をひろげカササギ橋をつくり二人を合わせてくれるという。ロマンですね… 七夕といえば笹に飾りもの、それに願い事を書いた短冊、5歳の孫娘は「アイドルになりたい」と書いていました。叶うといいね。
そんな七夕の日に宇宙飛行士 大西達也さんがバイコヌール宇宙基地(カザフスタン)からソユーズで出発しました。天の川は観れたのかな? 9日には無事ISS(国際宇宙ステーションに到着したとのニュースに一安心 宇宙のなかの地球はちっぽけな星なんだろうな… その小さな地球のまた小さな日本で、今日、10日に参議院議員選挙が行われたいる。今回から選挙権が18歳以上となり若者の動向が注目される。アベノミクスの評価、投票率など気になることは多いが、はたして小さな日本の未来は……

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives