2018年6月30日

豪雨に見舞われている。雷が鳴り雨が止んだかと思うと又降り出す、ここ北九州市の二地区に避難勧告が出された。いつもの梅雨明け間際の現象だと思うのだが今年の雨は激しい。今のところ当方に被害はないのだがこの先台風まで近づいてきている。被害がないと良いのだが…
さて、今日は6月30日、このところサッカーW杯の観戦に明け暮れしているうちに半年が過ぎてしまった。ボーとボールばかり見てはおれない気もするがそれでもサッカーが面白い、前回優勝のドイツが予選リーグ敗退してしまった。またしても番狂わせである。今年のワールドカップは何が起こるか解らない。番狂わせと云えば我が侍ジャパンも良いほうの番狂わせと云えるのではないだろうか? なんと予選リーグを突破し16強入りを果たしたのだから… しかしながら3戦目のポーランド戦の戦い方に賛否両論の物議をかもしている。それは後半終了近くの10分ほど、日本は0-1で負けているにもかかわらず攻めていこうとしない。何故なら同時刻キックオフのセネガルもコロンビア相手に0-1で敗戦の濃厚だったからである。双方このままで終了すれば勝ち点、得失点差、総得点で並んでいるもののフェアープレーポイントで上回る日本が2位となり決勝トーナメント出場となるからである。これは西野監督にとっても大きな賭けだったと思う、スタンドからすごいブーイングのなか自陣でパス回し続け終了、その後セネガルも0-1のまま終了、結果日本が決勝トーナメント出場となった訳である。何だかスッキリしない16強入りとなった。かくなるうえは次のベルギー(ランキング3位)戦で勝てないまでも良い戦いをしてこのモヤモヤを晴らして貰いたい。ガンバレ日本!!

2018年6月24日

夏至も過ぎ、早2018年も半年が終わろうとしている。
終わらないのがサッカーW杯ロシア大会、ますます白熱してきている。強豪国が苦戦している中、19日の日本vsコロンビア、なんと日本が2-1で勝利したのだ。多くのサポーターが勝てるとは思っていなかったのではないか良くても引き分け、それが開始早々大迫選手のシュートの跳ね返りを香川選手がシュート、これを相手選手が手で止めて一発レッドカード、このPKを香川選手が決めて早くも先制、しかも相手コロンビアは10人となり日本が断然有利となった。しかし、コロンビアも一人少ないながらも39分フリーキックからゴールを決めて同点となってしまった。さすがに強豪コロンビア、このまま前半は1-1で折り返し、そして後半へここでベンチスタートだったハメスロドリゲス選手(ブラジル大会の得点王)が出てきた。これはやばいかなと思いつつも11人対10人なんとかしてくれると願いつつ応援に力が入る。すると73分、左コーナーキックからのボールを大迫選手がヘディング ポスト当たりながらもゴールの中へ、ヤッター!! 気持ちは〝狂喜乱舞〟といったところである。日本中が大騒ぎとなったようだ。と云うことで「マサカ  マサカの勝ち点3」を獲得した。嬉しい誤算である。
そして今日深夜 、2戦目はアフリカのセネガル(27位)との戦い、身体能力に優れた選手が多く苦戦することは間違いないだろう。決勝トーナメントにむけてどんな戦いをするのか見届けよう。勝てば予選通過だ。何だかワクワクする。ガンバレ日本!!

2018年6月16日

W杯ロシア大会が始まった。4年に一度のサッカー世界一を決める戦いである。これから約1ヶ月7月15日の決勝までこちらも睡眠不足との戦いが始まる。休みの日には朝から晩まで〝サッカー三昧〟となりそう
まず初日は開催国ロシア(出場国の中でランキングが最下位)がサウジアラビア相手に5-0と大勝した。何か波瀾の幕開けのような気がする。しかしながら我が輩に優勝予想国はと問われるとやはりブラジル,ドイツ,スペインといういつもの強豪国を揚げたくなる。そして注目の選手はと云うとやはりメッシ,ロナウド,ネイマールといったところか、エジプトのサラー選手にも期待していたのだが、昨日のウルグアイ戦には出場しなかっかた。やはり肩の故障がよくないのかなと心配である。我が輩としては、この度 Jリーグ神戸にやって来たイニエスタ選手擁するスペインに期待している。前々回の南アフリカ大会で優勝したときのような華麗なパスサッカーを又見たいものだ。
さて、日本代表は先日の強化試合でパラグアイと戦い4-2でやっと西野ジャパンが初勝利を揚げた。乾選手,香川選手の活躍が目をひいた。これで19日に対戦する強敵コロンビア戦にむけて少し希望が持てたような気がする。西野監督がどんなメンバーで挑むのか注目される。ここで勝ち点(3ないし1)をとらなければ決勝トーナメント進出が見えてこないと思う。とにかく頑張って応援しよう!

2018年6月10日

梅雨入りし、うっとうしい天気が続いている。どうもスッキリしない。おまけにサッカーW杯の強化試合でまたもスイスに完敗、FIFAランキング6位と61位にまで落ちた日本ではしかたがない気もするが、またしても点が取れない。次への希望が持てない試合内容、前回同様守りのミスから失点。〝大丈夫か〜 西野ジャパン〟
こんな気持ちをスッキリさせるために、某新聞の日曜版に〝数独〟が掲載されている。1年ほど前から挑戦している。最初はなかなか解けなかった問題が近頃ようやくようやく解けるようになってきた。毎月月末に向けてだんだん難しくなって来る。最後の週は難問です、との表示がある。これを解くのが楽しみになってきた。以前は1日かかって解いていた問題が最近では1時間くらいで解けるようになってきた、もっとも目安は20分だと云うからあとは時間の短縮を目指している。答えは1つしかない。解けた時は〝スッキリ!〟

suudoku

2018年6月2日

サッカーの話である。西野新監督の初陣でもあった30日のガーナ戦スリーバックの攻撃的な布陣で挑んだ西野ジャパンだったが、守りのミスからペナルティエリアの外からフリーキックを決められ失点、その後ペナルティーキックを献上し、2点目を失う。何度となく得点のチャンスはあったものの決めきれずこれまでどおりの得点力不足、結局0-2の完敗に終わった。翌31日にはW杯最終メンバーが発表されたのだがベテラン中心で若手があまり入っていない。〝高齢化ジャパン〟などと揶揄されている。前回のブラジル大会の二の舞になるのではないかと心配している。ともあれ14日より始まるW杯モスクワ大会に向けて今日、日本を飛び立った。日程では19日に強豪コロンビアとの初戦を迎える。あまり大きな期待は出来ないが是非とも決勝トーナメントには駒を進めて欲しいものだ。こちらも頑張って応援しなくては…  ガンバレ日本!!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives