2015年8月2日

北部九州もやっと梅雨明けしました。朝顔が咲き、蝉の声も一段と大きくなったように感じます。〝なつ〟本番です。体温を超えるような暑さが各地で観測され、熱中症で倒れる人も 「猛暑お見舞い申し上げます」の方が良いのかも… ここで医療関係者の方が注意を呼びかけています。熱中症対策として水分を摂取するようにと言われていますが、取りすぎると今度は肝心の食事が水分でお腹がいっぱいになり入らないようになるので、このてんも注意が必要ということでした。
こんなに暑いと社会人にも夏休みがほしい! 休みと言えば国民の休日として8月11日が「山の日」として制定されました。只、施行が来年2016年8月11日からということで一寸残念、でも来年からはお盆休みを含め短めの夏休みが期待できそうです。

2015年7月26日

国の重要無形民族文化財に指定されている戸畑祇園が24日から開催されている。25日(土)には区役所前で競演会が開催されました。昼の幟山笠から夜のちょうちん山へ変わる姿は戸畑祇園の見どころの一つでもあります。中でも五段上げという提灯の最上の部分を載せる場面はハラハラドキドキさせられます。提灯の中にはろうそくが灯されておりあまり傾くと提灯が燃えたり消えたりするからです。本部からの五段上げ開始の号令と共に各山が一斉に提灯を組み上げていきます。どこの山が早く組み上げるか、これも競走です。組み上がると厳かなお囃子が流れ始めます。担ぎ手達も平伏して聞き入ります。各山笠には御神体がまつられており神に奉納といった感じなのでしょう。重さ約2.5トン、高さ10メートル、309個の提灯による光のピラミットの出来上がりです。これからが圧巻なのです。このピラミッドを2本の担ぎ棒でかかえ上げ競走するのです。おおたろう囃子にのって「ヨイトサ!」「ヨイトサ!」の掛け声とともに左へ右へ揺れながら、抜きつ抜かれつのレースを展開、今年は東大山笠が元気が良く他基を周回遅れにしてしまった。今年も戸畑祇園に沢山の元気をもらった。これで暑い夏も乗り切れそうな気がする。
26日最終日、祭りが終わるとそれぞれ地元の神社に御神体もお帰りになるのです。

godanage2

2015年7月20日

窓から雀が入ってきた。仕事場の中をバタバタと飛びまわり、ガラスにぶつかったり紙がめくれたりと大騒ぎ、以前高台の5階に住んでいた頃は夏になると雀をはじめチョウチョやトンボなどが北の窓から南の窓へ通過して子供達が大喜びしていたのを思い出す。今回仕事場では初めてのこと、パソコンにぶつかっては大変と店頭の扉を全開にして送り出してやりました。後ろから「迷わずスズメ(進め)」と声をかけて……
さて、先日より活版印刷の見本帳の在庫がなくなってしましい、お客様には大変ご迷惑をおかけしておりましたが、このほどようやく増刷いたしました。今回はコースターと空押しの見本を追加いたしました。どうぞご利用ください。

mihon3

2015年7月11日

うっとうしい梅雨空が続いております。そんな雨の中、祇園太鼓の音が響いてきました。そうです7月24日〜26日迄 戸畑祇園(ちょうちん山笠)が開催されます。雨に濡れながらもハッピ姿の若い衆が準備に余念がありません。小さい頃から戸畑で育った我が身には、お囃子や太鼓の音を耳にすると身体に元気を注入されたように感じます。開催日と共に梅雨明けが待たれます。
さて、サッカー女子ワールドカップで盛り上がっていた為、気持ちが印刷から遠ざかっておりましたが、今回長尺紙を作ってみました。商品の販促やイベントなどに利用できそうです。サイズは297×900ミリと297×1,200ミリです。何か面白い使い道がありそうです。

choujaku

2015年7月6日

朝早くからそわそわと落ち着かない。8時キックオフというのに仕事場に到着したのが、8時10分急いでテレビをつけると、え〜!もうすでに2点取られている。どうしたんだ!! 慌ててテレビにかじり付いていると瞬く間に2点追加されガク然… 予想外の展開にショックで応援の声も出ない。それでも27分過ぎ大儀見選手が決めて1点を返す。そして前半から澤選手と菅沢選手の投入で少しは選手もサポーターの気持ちも落ち着いたところで、1-4でハーフタイム。
選手の交代もあり今までにないフォーメーションで後半が始まる。7分、宮間選手がフリーキックをゴール前へ、澤選手と競り合った相手DFがクリアしたボールがゴールへ転がり込んだ… これで2-4となり2点差に迫った。これでなんとかなるかなと思いつつ、我が輩は営業に出なくてはいけない時間、後ろ髪を引かれる想いで仕事に出発、その後は時おりカーラジオを聞きながら情報収集 結局2-5で敗れてしまった。W杯2連覇ならず、残念!残念! 当分仕事が手に付かないかも。
でも冷静に考えてみれば準優勝 よく頑張ったものです。「なでしこ」に盛大な拍手を贈りたい!!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives