2016年2月21日

21日(日)北九州マラソンが開催され、約1万人もの人が北九州の街を走り抜けた。風は冷たいものの昨日までの雨が嘘のように晴れあがった。2万人以上の応募があったそうでスゴイマラソンブームである。男女年令問わず運動の原点ともいうべき走ることに喜びを感じているのは素晴らしいと思う。娘の友人も走るということなので応援に出かけた。長尺紙に「がんばれ!」のメッセージを掲げての応援に友人のランナーも喜んでくれたようである。スピード競走だけではなく、色々なユニホームや仮装かぶり物をした人たちがいてとても楽しかった。少し歩いても疲れる我が輩にとって、42.195km も走れるなんてうらやましい限りである。これからは我が輩も少し足腰を鍛えなくてはと思った一日であった。

marason2

 

2016年2月13日

気温の差が大きい昨今、10℃も差があると身体がついていかない。体調を崩している人も多いようである。そんな気温がグッと上がったのを良いことに、福岡市美術館へモネ展を観に行ってみた。さほど絵画に興味があるわけではないのだが、冬場とは思えぬ天気の良さと家族に誘われて、のこのことついて行った。すると美術館の入り口には人の波、又しても初詣と同じように大行列が出来ていた。さすがに今回は出直すというわけにはいかず最後尾と書かれた看板の下へ、わりとスムーズに流れていったのは良いのだが、中に入ってからも係員からの「立ち止まらないでください」との声、気に入った絵の前でジックリ鑑賞というわけにはいかなかった。何だか流れ作業的に押し出されてしまった。そこでもう一度気に入った絵のまえに! 代表作「印象、日の出」の前は人だかり、何となく心に響くもの感じながら外へ出てみると、入り口の人の波が一段と増えていた。良い絵は人を引きつけるのだろうか二度目、三度目という人もいたようである。
話はがらりと変わるが、波つながりで、100年前にアインシュタインが予言した。さざ波(重力波)なるものアメリカの研究チームが初めて観測した。これはガリレオ以来の歴史的な成果だという。相対性理論もよく解らない我が輩にはピンと来ないが、そのうち何年後か何十年後には常識として物理の教科書にも載るのだろうか…

mone

 

2016年2月6日

昨年末、義弟がなんと88センチ  9キロもある鯛を釣りました。こんな大物はそうそう簡単には上がらなかったようで、長い時間魚との格闘の末、弱まるのを待ってリールを少しづつ巻きあげ数人がかりでやっと舟に引き上げたそうです。釣り歴の長い彼は30年前にも大きなスズキを釣りあげており、今度は又30年後かな(生きていれば)と笑っておりました。この鯛はそうとう長生きしていたと思われる。正月にその縁起の良さにあやかって、鯛料理を戴いた。これでめでたく長生きできそう… ちなみに刺身は大味でイマイチだったそうです。しかし吸い物はなかなかの味で美味しかった。
今年もあっという間に1月が過ぎ、2月3日は節分、鬼は外、福は内と豆まき、それに加えここ数年ですっかり習慣付いた〝恵方巻〟を南南東に向いてガブリ「まいう」であった。2月4日の立春も過ぎ、2月8日の旧正月はまた何か縁起の良い美味いものを探すとしよう!

鯛-2

2016年1月31日

それにしても先週の寒波は,こたえた九州ではめったに記録しない−(マイナス)の温度。平地でも雪が積もり、交通事故が多発、それに加え水道管の破裂など大変な騒ぎであった。当方もタイヤチェーンを持たないので、営業活動は休止、開店休業状態でした。何年ぶりだろうか雪が降って動けなかったのは、これくらいの雪であたふたとしていると雪国の人がみたら笑うかもしれないが… こんなに寒くても印刷しなければ、印刷機はほとんどが鉄でできている。触ると冷たい、いつもより暖房を効かせ充分暖かくしてからの印刷である。以前先輩から「冷暖房は人間の為ではない、機械の為だ」と云われていたのを思い出す。
そんな寒い中、熱いうれしい話題を2つ、大相撲の大関琴奨菊が日本人としては10年ぶりに優勝した。そして昨日は結婚披露宴と喜びが2倍になったようです。福岡県柳川出身でもあり嬉しい限りである。土俵上で塩をまく際後ろに反るしぐさがイナバウアーならぬ琴バウアーと呼ばれている。今後はケガをしないように横綱を目指してほしい。
もう一つはサッカーU-23の日本代表チームである。準決勝でイラクを破りオリンピック出場を決め、昨日はアジアの頂点を目指して宿敵韓国との決勝戦、前半1点を先制され、後半開始早々に追加点を奪われ、0-2となりガクゼンとなったのだが、浅野選手がピッチに出てくると雰囲気が変わってきた。67分矢島選手のスルーパスに持ち前のスピードを生かしゴール! その直後、今度は矢島選手がヘディングで同点のゴール!! このチームはスゴイこうなると相手が動揺し動きが鈍くなり足が止まってきた。81分あの中島選手が出した浮き球にまたしても浅野選手が独走 GKをかわして逆転のゴール!!! ヤッターこれで3-2このまま終了のホイッスル 万歳!万歳! よく0-2から逆転で勝ったものだ このチームはこれまでいろんな選手がゴールを決めている。今までのチームとはひと味ちがう気がする。大会MVPには中島翔哉選手が選ばれた。これまで一ファンだったのが大ファンとなった。オリンピックでの活躍が期待される。

2016年1月23日

天気予報によると、何十年に一度という寒波が襲ってくるようである。今までの暖かさが嘘のように大寒を過ぎた頃から急に寒くなってきた。時折突風が吹く大荒れの天気である。通りすがりの方が2階の庇のトタンが剥がれそうだと知らせてくれた。外に出てみると,バタバタと音を立て今にも飛んでいきそうである。これは危ない、ちょうど来ていた娘と二人で屋根によじ登り薄暗い中、大きなシャコ万で押さえトタン釘で応急処置、どうにか危険は回避できそうである。それにしても寒かった。いつもは屋内での仕事なので外で働く人の大変さが少しは分かったような気がした。
明日24日は大雪の予報である。日曜日で良かった。が25日の月曜日が心配である。日頃はめったに履かない長靴も出してきた。これで雪が積もれば何十年かブリに雪だるまでも作ってみるかな… でも寒がりの我が輩にはそんな元気はないかも。
元気がいいのはサッカーU-23の選手達、リオオリンピックかけたアジア予選が中東カタールで開かれている。ここで日本は予選を3戦全勝で終え、昨日準々決勝でイランと対戦、一進一退の攻防で90分で決着がつかず延長戦へ、その前半右サイドの室屋選手からのセンターリングを途中出場の豊川選手がヘディングで決めてやっと1点、思わずヨッシャーと夜中にもかかわらず大きな声を出してしまい家族からたしなめられるしまつ、その後、後半には中島選手が立て続けにミドルシュートを決めて3-0これで安心、静かに観戦出来るようになった。それにしてもこの中島選手のスタミナには恐れ入った。試合の最初からずっと動き回り、ボールをキープそしてパス、ドリブルと小さいながらも大きなイラン選手相手に1歩もひけをとらない、何度も倒されファールを誘い大活躍であった。いっぺんにファンが増えたのではないかと思う。あと1勝すればリオへの切符が手に入る。日本から熱い応援を送りたい。
もう一人元気が良いのが大相撲の琴奨菊、福岡県出身ということもあり注目している。ここまで13勝1敗 優勝すれば日本人力士の10年ぶりの祝杯となる。是非優勝して貰いたい。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives