2016年7月24日

暑中お見舞い申し上げます
本格的な夏がやって来ました。学生さん達は夏休みに入りうらやましい限りです。我が輩も宿題のない夏休みが欲しい… それにしても梅雨明けから急に暑くなったように感じる。老体にはこたえなあ こんな暑さにもめげず各地で夏祭りが盛んである。23日には地元の戸畑祇園提灯山笠の競演会が行われた。今年はユネスコ無形文化遺産登録候補となり担ぎ手達もより一層力が入っていたようです。高さ10m 12段に組み上げられた309個の提灯山笠「光のピラミッド」が右へ左へ揺れながら動く姿は勇壮的で、いつしか観客も「ヨイトサ! ヨイトサ!」のかけ声と拍手をおくっている。少し離れて観ると、競演会場一帯が幻想的な雰囲気に包まれているような感じである。210年以上も続くこの祭りが、暑さを忘れさせてくれる。

tobatagion

2016年7月17日

雨が上がると一斉に蝉が鳴き始めた。そろそろ夏本番を感じさせる。恒例のプロ野球オールスター戦が行われた。15日は広島球場、ここで試合前のホームラン競走で、日本ハムの大谷翔平選手が登場、投手としてファン投票で選ばれていたのだが、指のケガで投げられず打者として出場したのだが、なんと並みいる強打者を破り優勝してしまった。これにはビックリである。翌16日には横浜球場で第2戦が行われ、5番指名打者でスタメン出場で4打数3安打2打点、内1ホームランと大活躍、最後の打席は引き分けに持ち込むタイムリーで貢献、MVPを獲得した。なんと表現したらいいのだろう昔の長嶋選手、王選手のようなスーパースターになって行く予感、いや、すでになっているのかもしれない。前人未踏の二刀流で投げては日本最速の163kの記録を持ち、打者としてはホームランも打てるスゴイ22歳である。今後どんな活躍をするのか目が離せない。

2016年7月10日

7月7日は七夕(たなばた)でした。あいにくの空模様で天の川は観ることができませんでしたが、織姫と彦星は会えたのだろうか、大丈夫雨が降り天の川の水かさが増すと、カササギという鳥が羽をひろげカササギ橋をつくり二人を合わせてくれるという。ロマンですね… 七夕といえば笹に飾りもの、それに願い事を書いた短冊、5歳の孫娘は「アイドルになりたい」と書いていました。叶うといいね。
そんな七夕の日に宇宙飛行士 大西達也さんがバイコヌール宇宙基地(カザフスタン)からソユーズで出発しました。天の川は観れたのかな? 9日には無事ISS(国際宇宙ステーションに到着したとのニュースに一安心 宇宙のなかの地球はちっぽけな星なんだろうな… その小さな地球のまた小さな日本で、今日、10日に参議院議員選挙が行われたいる。今回から選挙権が18歳以上となり若者の動向が注目される。アベノミクスの評価、投票率など気になることは多いが、はたして小さな日本の未来は……

2016年7月3日

六月も終わり七月に入った。相変わらず梅雨空が広がり陽がさしてきたかと思うと急に激しい雨が打ちつける。天気にほんろうされつつも仕事に追われる。気がつけば今年も半年が過ぎたことになる。早いものである。
さて、このたび MDNコーポレーションから「特殊印刷・加工・製本所 イエローページ」という本が発刊された。なんとその中の活版印刷の部門に〝松原印刷〟が掲載されたのである。MDNといえば業界でも有名な会社、全国の書店にこの本が並ぶわけである。これは今まで以上に力をいれ、独自性を追求し、より良い印刷物を提供していかなければと考えております。

mdnhon1

2016年6月25日

イギリスが国民投票によりEUからの離脱が決まった。これから世界中にどんな影響があるのか心配である。そんなイギリスにまつわる印刷のお話しです。ふりがなのことを「ルビ」と呼びますがこれが活版印刷からきている。文章を組む際、主に10.5ポイントの活字が使われていた。この文章にふりがなをつけるのに5.5ポイントの活字が使用されていた。イギリスの印刷業界では活字を宝石名で呼ばれていたという。6.5ポイントを「エメラルド」、5.5ポイントを「ルビー」、5ポイントを「パール」」、4.5ポイントを「ダイアモンド」、そのためふりがなに多く使用されていた「ルビー」が「ルビ」となり広まったとされる。日本では10.5ポイントが5号、5.5ポイントが7号に相当する。号数とポイント混在して面倒なのだが、日本で活字の大きさを表すのは初号、一号、二号、三号、四号、五号、六号、七号と呼ばれているのですが中間の呼称がない、例えば二号と三号の間の活字を18ポイント、五号と六号の間の活字を9ポイントと呼び数多く使用されている。パソコンではポイントが使用されており細かく設定できるが活字はそうはいかない。これに写真植字の級数まで加わるとまぎらわしい限りである。
さてさてイギリスが2年かけてEUから離脱していくということなのだが、宝石のように輝く日が来るのだろうか……

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives