2016年12月4日

季節外れにヨイトサ ヨイトサと戸畑祇園山笠が動いている。これはユネスコの無形文化遺産に登録された喜びの運行ということだった。戸畑の住人達の誇りがまた一段と大きくなった気がする。戸畑祇園・博多祇園を含む全国33件の祭礼行事が登録 “決定” となったのである。めでたし!めでたし!
Jリーグもチャンピオンが “決定” した。年間勝ち点1位の浦和レッズと3位から勝ち上がった鹿島アントラーズ。先日鹿島での第1戦は1-0でレッズが勝利、第2戦は浦和がホームということもあり絶対優位の中で行われた。前半レッズ先制したものの、1-2逆転負けトータルは2-2なのだがアウエーの得点数で上回った鹿島アントラーズが勝利 チャンピオンとなった。レッズは悔しくてしかたがないだろう。年間の勝ち点で行くと15点もの差があったのだから… 1年間積み上げてきた勝ち点は何だったのだろう。レッズファンではないがスッキリしない。これは我が輩だけではないらしく、来年からは1シーズン制に戻すらしい。来年はスッキリしたチャンピオンが誕生するだろう。

2016年11月27日

急に寒くなってきました。これが本来の気温なのか、近くの銀杏並木の下では黄色い絨毯が出来ている。まさに晩秋である。そんな感慨にふけっている訳にもいかず。今日も印刷をしている。もう11月も末、後ひと月もするとクリスマスである。世間はクリスマスモードに入っているようだ。慌ただしさを感じる もっとも当方も年賀状を印刷しているのだから慌ただしさ、忙しさに拍車をかけているのかもしれない。
そんな中、娘婿が「ポインセチア」を持って現れた。カメラマンでもある彼は仕事に使ったということで、撮影終了後のお裾分けということであった。クリスマスフラワーとも呼ばれ縁起の良い花とのこと、北欧では魔除けの力があると信じられてようだ。花言葉は「祝福する」「聖なる願い」「聖夜」「私の心は燃えている」。原産地はメキシコで緑と赤い花がまさにクリスマスカラーと思っていたら、なんと赤い部分も葉だという。よく見ると緑と赤は同じ形をしている。クリスマスまで枯らさないようにしなければ…

poinsechia

2016年11月20日

スタメンに本田,香川の両選手の名前がない。チョット驚いたが、他の選手がいい動きをしていた。サッカーワールドカップアジア最終予選の話である。特に清武選手と原口選手目立っていた。原口選手にいたっては解説者が2人も3人もいるようだと云わせるほどスゴイ動きだった。この二人がゴールを決めて、2-1でサウジアラビアをくだした。これで予選通過ラインの二位に上がった。とは云ってもまだ日程の半分が終わっただけで来年の3月から後半戦が始まる。どんな戦いをしてくれるか不安と希望が入り交じっている。先日のスーパームーンのように大きく明るい丸になればと願っている。
毎年この時期、紅葉が進むにつれ仕事も忙しくなってくる。木々が葉を落としていく、落ちると云えば我が輩の体重もおちていく、しっかり食べて頑張ろう。調理師でもある妻が気遣って「何が食べたい?」と聞いてくる、「美味しいもの」と応えるといつも怒られてしまう。

2016年11月13日

年賀状の印刷が本格化してきた。忙しい毎日の始まりである。仕事以外に気を配る余裕がなくなってきたのだが、世の中いろんなことが起きている。中でもアメリカ大統領選挙、予想外の結果となってしまった。ドナルド・トランプ氏が当選してしまった。「しまった」という言い方はトランプ氏に失礼かもしれないが、選挙中の言動から大半のアメリカ国民も日本国民もいや世界中の人たちがヒラリー・クリントン氏が勝つだろうと予測していたと思う。これは大変と当選後アメリカでは反トランプ氏のデモまで起きている。また日本に対する影響も少なくないだろう。先のイギリスのユーロ離脱といい予想外の展開、先が読めない。心配である、まあ小さな印刷屋の親父が心配したところでどうにもならないのだが…
次元が違うのだがプロ野球の強化試合でメキシコ・オランダ相手に大苦戦をしている。これも予想外である。そんな中、我が輩の思惑どおりになっているのが、スパースター大谷翔平選手だ。打って良し、走って良しの活躍で、昨日は特大のホームランを放ち、仕事に疲れた我が輩を喜ばせてくれている。さあ大谷くんに刺激されて頑張る意欲が沸いて来たぞ……

2016年11月6日

このところ随分涼しく というよりも肌寒さを感じるようになってきました。それもそのはず明日7日は立冬、寒いはずだ。北海道では例年より早く雪が降っているという。ここ九州では、まだまだ日中は20度近くになり、何だか有難い気がする。
さて、仕事の方は喪中ハガキの注文が増えてきました。先方が年賀状を準備する前にお知らせするのが良いと思います。そんな忙しいさ中、3日の祝日に午前中は太宰府の国立博物館に鳥獣戯画展を観てきたのですが、これがまた長蛇の列なんと2時間待ち、観覧する頃には疲れてしまった。遠い昔、教科書に載っていたのを思い出した。奉書のような紙に墨に書かれており、あ〜これが本物なんだと感慨深く観させて貰いました。夕刻からは我が家の恒例行事となりつつある天神落語祭りへ、落語家さん達のジェスチャー混じりの熱演にわらいころげておりました。何もかも忘れて腹をかかえて笑うというのは身体にとても良いような気がする。今回印象に残ったのは、月亭方正さん、テレビでは山崎方正として出ているので落語家とは知らなかった。年末の番組で「笑ってはいけない…」でお尻をたたかれているのでお笑い芸人だと思っていたのですが、この方正さんのなかなかの落語家ぶり(ちょっと失礼かな)にビックリ とても面白かった。明日からの元気を貰ったような気がした… なんとまあ忙しい一日でした。

rakugo

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives