2016年7月3日

六月も終わり七月に入った。相変わらず梅雨空が広がり陽がさしてきたかと思うと急に激しい雨が打ちつける。天気にほんろうされつつも仕事に追われる。気がつけば今年も半年が過ぎたことになる。早いものである。
さて、このたび MDNコーポレーションから「特殊印刷・加工・製本所 イエローページ」という本が発刊された。なんとその中の活版印刷の部門に〝松原印刷〟が掲載されたのである。MDNといえば業界でも有名な会社、全国の書店にこの本が並ぶわけである。これは今まで以上に力をいれ、独自性を追求し、より良い印刷物を提供していかなければと考えております。

mdnhon1

2016年6月25日

イギリスが国民投票によりEUからの離脱が決まった。これから世界中にどんな影響があるのか心配である。そんなイギリスにまつわる印刷のお話しです。ふりがなのことを「ルビ」と呼びますがこれが活版印刷からきている。文章を組む際、主に10.5ポイントの活字が使われていた。この文章にふりがなをつけるのに5.5ポイントの活字が使用されていた。イギリスの印刷業界では活字を宝石名で呼ばれていたという。6.5ポイントを「エメラルド」、5.5ポイントを「ルビー」、5ポイントを「パール」」、4.5ポイントを「ダイアモンド」、そのためふりがなに多く使用されていた「ルビー」が「ルビ」となり広まったとされる。日本では10.5ポイントが5号、5.5ポイントが7号に相当する。号数とポイント混在して面倒なのだが、日本で活字の大きさを表すのは初号、一号、二号、三号、四号、五号、六号、七号と呼ばれているのですが中間の呼称がない、例えば二号と三号の間の活字を18ポイント、五号と六号の間の活字を9ポイントと呼び数多く使用されている。パソコンではポイントが使用されており細かく設定できるが活字はそうはいかない。これに写真植字の級数まで加わるとまぎらわしい限りである。
さてさてイギリスが2年かけてEUから離脱していくということなのだが、宝石のように輝く日が来るのだろうか……

2016年6月18日

大リーグマーリンズのイチロー選手が4257本のヒット放ち、ピート・ローズ氏の大リーグ記録を上回った。本人は例によって日米合算だから、ここに目標設定をしてきた訳ではないとクールな対応。それでもこの数字はスゴイ!! 2塁ベース上でヘルメット脱いでチームメートやファンに挨拶していた姿、頭に白いものが目立つようになってきた。42歳である。しかしながら年令を感じさせない、ヒットだけでなくホームラン・盗塁・レーザービームと走攻守にハツラツとしたプレーに驚く。日々のトレーニング、試合前の入念なストレッチなど準備を怠らないという、プロフェッショナルを感じさせられる。イチロー選手が打席に入る前の屈伸運動そして打席に入るとバットを前にかざし右肩のユニフォームをつまみ上げる動作いわゆる「ルーティーン」と呼ばれているが毎回同じ動作行うことで平常心と集中力を高めると専門家は指摘する。
この「ルーティーン」で思い出すのがラグビーの五郎丸選手、PGの際に行う拝むような仕種は有名である。
印刷においても自分に合ったよい「ルーティーン」を見つけることはミスを防ぐため大事なことかもしれない。野球選手は3割で一流だが印刷は10割でなければならない。

2016年6月11日

先週末、西日本地方が梅雨入りした。これから約一ヶ月余りじめじめと雨の日が多くなると思うとうっとうしい気分になる。このうっとうしさを晴らすために梅酒でも飲んでみるかな… ところで何故梅の字が当てられているのだろう。諸説あるようだが、この時期梅の実が熟す頃であるという説、また湿度が高くカビが生えやすいことから「黴雨(ばいう)」と呼ばれこれが同音の「梅雨」に転じたという説、毎日のように雨が降るから「梅」という字が当てられたという説、普段の倍の雨が降るから「倍雨」というのはこじつけらしい。このほかに「梅霖(ばいりん)」や旧暦の5月頃であることから「五月雨(さみだれ)」、麦が実る頃であることに由来する「麦雨(ばくう)」などの別名がある。中でも「五月雨(さみだれ)」は物事がダラダラと長く続くことを指して「五月雨式」というようによく使われている。
うっとうしい事柄がもう一つある。東京都知事の舛添要一氏である。北九州出身ということで応援していたのだが、恥ずかしい限りである。何とも歯切れが悪い、九州男児だろうシャキッとしろ!!

 

 

2016年6月5日

北海道で行方不明になっていた小学2年生の男の子が6日ぶりに見つかった。警察の懸命の捜索にも手がかりがなく、自衛隊も導入され、探していたのだが、不明から1日、2日、3日…と時間が経つにつれ、みんながあきらめかけていたところだった。現場から10キロ以上離れた自衛隊の演習場の宿営施設で演習に来た自衛隊員によって発見された。食料もなく水だけで過ごしていたというが比較的元気だということで、親は勿論のこと日本中が安心した。云うことを聞かない子供を躾として置き去りにしたという。ぶっ叩かれながら育った世代としては、虐待だのいじめだのと子育ての難しい時代なのかなと思う。何はともあれ無事で良かった。

うれしいことがもう一つ、サッカーキリンカップでブルガリアと対戦した日本チームがなんと7-2と快勝した。決定力不足と云われ続けていたのだが今回は違った。岡崎選手のゴールを口火に、これまで代表戦で今ひとつ結果が残せなかった香川選手が2得点、DFの吉田選手が2得点、宇佐見選手、それに若手のジャガーこと浅野選手が自ら得たPKを決めて代表初ゴール、9月から始まるW杯最終予選に向けて、ハリルジャパンが躍動し始めたように感じた一戦であった。
オリンピック出場を逃した〝なでしこ〟も高倉新監督のもと世界1位のアメリカと3-3でドロー今後に期待したい……

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives