2017年3月5日

5日は啓蟄二十四節気の一つで、広辞苑によると「冬籠もりの虫が這い出る」とある。確かに昨日から暖かく虫が這い出たくなるような実にいい天気、 そん中、虫ではないが仕事を臨時休業とし夫婦(つがい)で山口県宇部市へと這い出した。実は甥の結婚式なのである何十年ぶりに会う親戚もいて話が弾み笑みがこぼれる。それにしても最近の結婚式場の豪華なこと、大きな教会は天井が高く一面にステンドガラスが貼りめぐまされまるでヨーロッパの教会にいるような気分である。式が終わると併設された宴会場で披露宴、ここでもいろいろと趣向をこらした演出が続き、面白かったのは、ビールサーバー担いだ新郎がお客様のテーブルを廻って注いで行く、そうあの野球場でよく見かける光景である。新婦だともっとよかったのに… そんなこんなであっという間に時間が過ぎお開きに、ともあれ若い美男美女のカップルに「幸あれ!!」

beer server

 

 

 

2017年2月26日

二月も最終日曜日となった。つい先日正月だったように思えるのだが、ことわざに「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」そして「四月は死ぬほど長い」と云われる。まあ早く春が来る感じは悪くないかな… 昨日は待ちに待ったJリーグの開幕であった。昨年の覇者鹿島がFC東京に0-1で敗れ、年間勝ち点1位の浦和も中村俊介選手の抜けた横浜Mに2-3で敗れるという少々波乱含みの幕開けとなった。川崎は大久保選手が抜けたものの新キャプテン斉藤と小林が頑張って大宮相手に2-0の勝利。注目されるのはその中村俊介選手が移籍した磐田と清武選手が復帰したC大阪(今回は清武選手は負傷欠場)どちらもJ2からJ1に上がって来たチーム同士の戦いだったのだが、0-0のスコアレスドローであった。今季から1シーズン制に戻る。各チームとも戦い方が変わってくると思うが、我が輩なりに上位の順位を予想してみた。やはり鹿島を筆頭に浦和、川崎、F東京… あとはG大阪、C大阪がどこまで上位に食い込むかがみどころだろう。九州唯一の鳥栖にも頑張って欲しい。地元アビスパ福岡はJ2に降格、それにギラバンツ北九州は立派なスタジアムが出来たにもかかわらずJ3に降格と残念でしかたがない。早くJ2、J1へ上がってサポーターを喜ばせて欲しい。

2017年2月19日

18日は24節気の雨水であった。降る雪が雨に変わり氷が溶けて水になるという意味らしい。草木も芽生える頃で春近しといったところか…そのせいか、ここ何日かは暖かい気温も15度前後と過ごしやすい。この絶好の天気の中、北九州マラソンが行われた。約1万2千人が参加したという。車で出かけた我が輩と友人はランナーの長蛇の帯にかかり迂回に次ぐ迂回でなかなか目的地にたどりつけなかった。その中の一人、娘の友人である通称「仲ちゃん」がなんと3時間37分 73位でゴール これは凄いアッパレである。もう一人アッパレの女性がいる。歳は93、毎日4社の新聞を購読し、話題になった本も読んでいるという。先日、妻が読み終わったからいらないという本を貰ってきた。“なにこれ辞書” 本好きな我が輩でもこんな本読んだことがない。それにこのお婆ちゃん一人暮らしで介護なし、何でも自分でやっている。食事は勿論、漬物まで自分で漬けているという。身体も心もシャンとしている様子 少しは見習わなければいけないなあ…

atuihon

2017年2月12日

11日は建国記念日サラーマンにとっては土曜日なのが残念かもしれない。北部九州は朝からうっすらと雪化粧。祝日でよかったと思った人も多かったのではないだろうか。犬ではないが久しぶりの雪になんだか嬉しくなる。それでも我が輩は車に積もった雪を払いのけ、いつもどおり出勤である。昨夜の寒さに、冷え性の為、手足が冷たい。インキも冷え性ではないだろうが硬いこれを室温を上げSコンで軟らかくして、貯まっていた封筒の印刷である。仕事を終え帰り着くと冷え性対策のため湯たんぽが出ていた。懐かしい、エコである。昔の人は偉いなあと思いつつ  これで今夜から温かいぞ、朝までぐっすり寝られそう。

yutanpo

2017年2月4日

北北西に向かって恵方巻きをかぶりつくもなかなか減らない、食が進まない。昼過ぎから悪寒がし、熱もあるようだ。風邪をひいたかな、節分に風邪とは、まさに「鬼の霍乱」である。豆まきは妻に任せて早々に床につく、あ〜このまま一週間ほど冬眠したい。しかし今日、4日は立春暦のうえでは春である。とにかく風邪をなおさなくては、1に睡眠、2に休養、3・4がなくて5栄養かな… 今日は早く帰って寝ることにしよう。
先週のどぶ板選挙の彼は、最下位ながら当選をはたした。拍手!パチパチ

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives