2020年8月17日

「はぁ〜」ため息しかでてこない、その “ため息” すらマスクに遮られて身体の中に逆流しそうだ。
昨年末、中国 武漢で発生した新型コロナウィルス感染症、今では全世界に広がり多くの死者が出ている。約8ヶ月たった今も終息のめどさえたたない。
日本では緊急事態宣言が出されるなど大変な世の中となっている。これから先、不安だらけである。そんな不安を払拭するよう(願いを込めて…)印刷機をガンガン廻している。
今回は「耳つき手漉き和紙」の印刷である。紙の周囲を手でちぎったような不揃いの名刺である。本来なら活版印刷で一枚一枚手差しの機械にもってこいの品物なのだが、お客様の意向で「オフセット」で印刷して欲しいと云う。しかも二色刷りで、当然のことながら見当は合わない。多少のロスは覚悟しなければいけない。まあ印鑑ようなデザインなので多少ずれても大丈夫だと云う。もうひとつ問題なのは色である。色見本(印刷された物)が添付されている。この印刷物に色を合わせてという。これがやっかいでがチップで何番と指定された方が仕事はしやすい。DICのチップに合わせてみるとどうやらDIC 300 が近い。FG14紅、FG48黄、墨、を練り合わせて特色を作り印刷してみる 少し暗い、赤みが足りない、そこで28金赤を足して又印刷、もう少し赤が欲しい、こうしてインキの配合を少しづつ変え、印刷→拭き上げ→印刷→拭き上げを繰り返し、4回目にやっと色が合った。苦労したが納得のいく仕上がりとなった。出来上がった名刺を眺めているとなんだか嬉しくなってきた。

 

【耳つき手漉き和紙】

tesukiwasi

2020年2月22日

新型コロナウィルスの感染が全国に広がりつつある。いつ終息するのか?、薬は何が効くのか 新しく出来るのか? 不安な日々が続いている。取りあえずマスク、手洗い、うがい など自分で出来ることをしていくしかないようだ。
さて、久しぶりに新しい試みとして 布に印刷してみました。(今回は紺色の布地にシルバーで印刷) 洋服屋さんなど布を扱う職業の方に喜ばれるのではないかと思っています。これは凸版印刷ならではの名刺です。今後いろんな素材に挑戦していこうと思っております。

nunomeishi

2020年1月25日

このほど当店でもキャッシュレス〝QRコード決済〟を導入した。キャッシュレスと云えばこれまで交通ICカードで電車やバスに乗るくらいしか使用したことがない。果たしてうまく対応できるのか不安である。PayPyの担当者から詳しく説明を聞きシュミレーションまで行い、なんとか出来そうな気がしてきた。釣り銭の心配もいらないし便利なようだが、どうもしっくりこない。現金が一番信用できる「いつもニコニコ現金払い」をモットーにしている昔の人間だからかもしれない。店頭にQRコードおいてから約5日ほど経つが幸か不幸かまだPayPayでお支払いするお客様は現れない。第1号のお客様はどんな人だろう、いくらの支払いなのだろう、そんな想像をしている昨今である。

 

paypay

2020年1月13日

2020年(令和2年)がスタートしました。今年もよろしくお願いします。
休みが終わって早くも1週間、やっと正月気分も抜け仕事が手についてきた。それにしても年頭から物騒な状況になっている。中東情勢である。イランのソレイマニ司令官がアメリカの空爆により死亡した。これに報復するかたちでイランがイラクのアメリカ軍の基地にミサイルを撃ち込んだ。〝戦争が始まる〟のではないか世界中が緊張と不安に包まれた。しかしアメリカのトランプ大統領は被害が少なかったことから報復は望まないと発言、イラン側もこれ以上武力は使用しないとのことで、一件落着かと思っていたが今度はウクライナの航空機がイランに撃ち落とされてしまった。当初はイラン側は否定していたが誤射を認めたようだ。まだまだ緊迫状態は続くようだ。
今年は日本でオリンピック・パラリンピックが開かれる。どうか無事に終わってほしい。そして2020年が穏やかな一年であってほしい、いや 今年だけでなくこれから先もずっと平和な地球であることを願うばかりである。

2019年12月31日

今年も暮れた。2019年はいろんな事がありすぎたような気がする。振り返れば2月に体調を崩して入院。その後、身体は快復はしたものの我が輩の体に同調するように機械の故障が相次いだ。我が輩が退院してすぐに製版機(現像液漏れ)、次にA3リョウビの印刷機(給紙部分が破損)、次いで名刺の印刷機(コンデンサー不良)、秋にはパソコン(ディスプレイ)がおかしくなり、修理に次ぐ修理の年となった。
そんなこんなでブログが途切れ途切れとなってしまった。申し訳ない!
そんななか我が輩にとって今年一番の出来事と云えば、元号が変わったことだ。「令和」ようやくなじんできたようだ。印刷業界も景気が上向きになるのではと思っていたが、さほどでもなく期待外れとなったような気がする。そもそも宅急便で荷物が届いても「こちらにサインをお願いします」とタブレット出される始末。あ〜〝ペーパーレス〟か… 紙を使わない時代が来るのか? まあ無くなりはしないだろうが減るのは確かだ。そこで令和2年(2020年)は少ない脳みそを活発化させ、アイデア勝負だ!!
令和元年は悪い話ばかりでもない。旭化成の吉野彰さんがリチウムイオン電池でノーベル化学賞を受賞し、スポーツ界では日本で開催されたラグビーワールドカップで日本の大活躍に日本中が沸いて盛り上がった。そして2020年はオリンピックだ。仕事が手につかない日々が来るかもしれない。令和2年は健康で楽しい一年にしたいものだ。

nenga

年賀状は 金のバーコ印刷に挑戦してみました。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives