2018年3月17日

春が来た! 朝夕は少し寒いものの昼間は20度前後、良い季節がやってきた。寒かった冬が嘘のよう、鹿児島ではサクラが咲いたとの情報もラジオから流れてきた。気持ちが良い
ここで少し残念なニュースも聞いた。イギリスのホーキング博士が宇宙へ旅立った。車いすの宇宙物理学者として世界に知られるケンブリッジ大学の教授スティーブン・ホーキンス博士 21才の時に運動機能がマヒするという難病にかかり余命2年と診断されたのだが、病気と闘いながら独創的な宇宙理論を次々と発表し、76才になるまで大活躍だった。我が輩は宇宙のことは良く知らないが、何年か前に息子が星出宇宙飛行士のTシャツのデザインをしてから宇宙に興味を持つようになった。今度博士の著書である「ホーキング宇宙を語る」という本を読んでみようと思う。何故か宇宙の事を考えると地球のことや我が輩の頭の中のもやもやなどチッポケに思えてくる。宇宙は壮大である。考え方も壮大でありたいものだ。

2018年3月10日

一昨日は寒くて震えていたのだが、今日は上着がいらない。暖房も入れなくて良い。これだけ温度差があると体調管理が難しい。とうとう女房は風邪をひいてしまった。我が輩はなんとかもちこてえているものの危ない感じがしている。
気温の上昇とともにサクラの開花も気になるところである。そういえば我が家ではサクラ模様のような湯呑み茶碗を一年ほど前から使っているのだが、先日ボーとしてお茶飲んでいると〝あれ!〟模様がない 安物の陶器だから剝げたのか? いや陶器なのだからそんなことはないだろう。よくよく見てみると あった あった ちゃんと花柄が見える。〝おう〟これは大発見 いや小発見くらいか今まで誰も気がつかなかった。チョトした角度で完全に花柄が消えてしまう。これは面白い、作者が意図して描いたのだろう。こんなデザイン好きだなぁ 以後この湯呑みで飲むお茶が美味しく感じられるようになった。女房よ割らずに永く使ってくれよ……

yunomi

2018年3月3日

3月だというのに北海道では数年に一度という強烈な寒波、強風と積雪に襲われている。気象台では外に出ないようにと呼びかけている。日本列島は長い、こちら北九州では考えられない。今日は気温も上がり〝春近し〟を肌で感じる。
3月3日ひな祭りである。ひな人形を飾っている家も多い事だと思う。大阪に住む孫二人も女の子、おひな様を飾って喜んでいることだろう。平安調のゆったりとした雰囲気がいい。
さて、ここでいつも疑問に思うのがおひな様とお内裏様の並べ方である。どちらが右・左? どうやら関東と関西(京都)では逆らしい。関東では、向かって男雛が左、女雛が右、これは武家中心の考え方で「右上位」が取り入れられたとされる。一方、京都や関西では向かって男雛が右、女雛が左に並べられている。こちらは「左上座」日本古来の左は右より格が高いという考え方に倣っているとされる。
まあどちらでも女の子の健やかな成長を祈るものだから深く考えなくてもいいか…
こちらは男の話であるが、Jリーグが開幕した。今年は6月にモスクワでW杯あり、誰が選ばれどんな戦いをするのか今からワクワクしている。そして野球も稲葉ジャパンが始動、今日オーストラリアとの一戦である。3月に入ると仕事もスポーツ観戦も何だか忙しい……

 

2018年2月24日

ようやく寒さも和らぎ暖かい日がさしてきた。久しぶりに洗車をしようという気になり洗ったのだが考えてみると約1ヶ月、雪や雨そして寒さを理由に何もしていなかった。ひどい汚れである。汚れがひどかった分キレイになると見違えるようになった。何だかよく走りそうな気がしてきた。
さて、ピョンチャンオリンピックも終盤となり25日は閉会式、日本は過去最多の11個のメダルを獲得し大活躍! 印象に残ったのが女子スピードスケートの選手達、中でも我が輩が一番感動したのが「女子団体追い抜き」(パシュート)の4選手(高木菜那・美帆の姉妹と佐藤綾乃、菊池彩花)このメンバー身長もかなり違う中で一糸乱れぬ隊列でスケートの左右・幅は勿論腕の振りまで見事にピッタリ、コーナーを曲がるときなどは早さもさることながら美しさを感じた。素晴らしい!! 4選手で掴んだ美しい金メダル おめでとう!
こんな美しさは仕事にも通じるところがあるような気がする。「美しいデザイン・印刷に心がけよう」と影響されたオリンピックだった。

2018年2月18日

北九州地方は久しぶりに青空が広がり絶好のマラソン日和となった。そう今日は北九州マラソンの日である。知人が走ると云うことで朝から応援に出かけた。あの有名な市民ランナー川内選手とその兄弟が出るということで楽しみにしていた。まだ来ないだろうと思っていたのだがこちらが沿道12km地点あたりにたどり着く前、遠目にもスゴイスピードで走り抜けていった。ダントツの独走である。弟2人も後を追っていた。それにしてもスゴイ人数である。それも抽選だという、走れない我が輩からすると何か大きな魅力があるのだろう。今度知人に聞いて見よう。
さて、ピョンチャンオリンピックが第9日にして大いに盛り上がっている。これまでメダル第1号のモーグル原選手を始め、女子ジャンプの高梨選手、スピードスケートの小平・高木選手、ノルディック複合の渡部選手、スノーボーハーフパイプの平野選手、などメダルを獲得していたが昨日フィギアスケートで羽生選手が待望の金メダルしかもソチ大会に続いて連続である。大会前には怪我をして出場すら危ぶまれていたのに見事な復活であった。そして銀メダルに輝いた宇野選手もアッパレであった。このワンツウフィニッシュに号外が出ていた。今後もまだまだ感動と元気を与えてくれそうだ。

marason 1

 

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives