2016年12月18日

12月も半ばを過ぎてしまった。実質仕事が出来るのは後7日程度、今年中に全部片付くだろうか…
さて、今日18日はサッカーのクラブワールドカップの決勝戦である。この大会は世界の大陸(オセアニア・アフリカ・南米・アジア・ヨーロッパ・北中米カリブ海)の代表クラブ6チームと開催国である日本のJリーグチャンピオンが参加して7チームで世界一のクラブを決める大会である。なんとここに出場した鹿島アントラーズが大方の予想を裏切ってといっては失礼だが、決勝まで勝ち上がってきた。思えばJリーグの3位からチャンピオンになり、“下克上”と評されていたが、ここで優勝となると日本サッカー史上最大の「下克上」となるのではないだろうか、チョット大げさかな… とは言え相手は欧州代表のレアル・マドリードあの有名なC.ロナルドのいるチームである。しかも監督は元フランス代表のジダンなのだ。この世界のスター軍団にアントラーズがどんな戦いをするのか見逃せない一戦だ。
今日は日曜日なので仕事は早くきりあげて、アントラーズを応援することにしよう。

2016年12月11日

黄色い葉が舞っている。そろそろ店頭の銀杏並木が裸になりつつある。そんな風景が一段と寒さを感じさせる。
年賀状の印刷がピークを迎えている。例年に比べるとやや減少気味ではあるが、それでも早出、残業の毎日が続いている。少々疲れ気味である。後10日ほどが勝負かな 老体にムチ打って頑張らねば… 昨日スエーデンのストックホルムではノーベル賞の授賞式が行われた。日本から生理学・医学賞を受賞した東京工業大栄誉教授の大隅良典氏が出席しメダルと賞状を受け取った。毎年のように日本人が受賞している。日本人はスゴイなあ この大隅教授は71歳、年令で云うと大先輩、我が輩は老体とは云っておれない。頑張らねば…
そんなこんなで今年も残り少なくなって来ている。恒例の清水寺での今年の漢字一文字が明日発表されるようだ。そこで我が輩なりに予想してみた。ノーベル賞やリオオリンピックの活躍で「賞」というのはどうだろう。明日の発表が楽しみである。

2016年12月4日

季節外れにヨイトサ ヨイトサと戸畑祇園山笠が動いている。これはユネスコの無形文化遺産に登録された喜びの運行ということだった。戸畑の住人達の誇りがまた一段と大きくなった気がする。戸畑祇園・博多祇園を含む全国33件の祭礼行事が登録 “決定” となったのである。めでたし!めでたし!
Jリーグもチャンピオンが “決定” した。年間勝ち点1位の浦和レッズと3位から勝ち上がった鹿島アントラーズ。先日鹿島での第1戦は1-0でレッズが勝利、第2戦は浦和がホームということもあり絶対優位の中で行われた。前半レッズ先制したものの、1-2逆転負けトータルは2-2なのだがアウエーの得点数で上回った鹿島アントラーズが勝利 チャンピオンとなった。レッズは悔しくてしかたがないだろう。年間の勝ち点で行くと15点もの差があったのだから… 1年間積み上げてきた勝ち点は何だったのだろう。レッズファンではないがスッキリしない。これは我が輩だけではないらしく、来年からは1シーズン制に戻すらしい。来年はスッキリしたチャンピオンが誕生するだろう。

2016年11月27日

急に寒くなってきました。これが本来の気温なのか、近くの銀杏並木の下では黄色い絨毯が出来ている。まさに晩秋である。そんな感慨にふけっている訳にもいかず。今日も印刷をしている。もう11月も末、後ひと月もするとクリスマスである。世間はクリスマスモードに入っているようだ。慌ただしさを感じる もっとも当方も年賀状を印刷しているのだから慌ただしさ、忙しさに拍車をかけているのかもしれない。
そんな中、娘婿が「ポインセチア」を持って現れた。カメラマンでもある彼は仕事に使ったということで、撮影終了後のお裾分けということであった。クリスマスフラワーとも呼ばれ縁起の良い花とのこと、北欧では魔除けの力があると信じられてようだ。花言葉は「祝福する」「聖なる願い」「聖夜」「私の心は燃えている」。原産地はメキシコで緑と赤い花がまさにクリスマスカラーと思っていたら、なんと赤い部分も葉だという。よく見ると緑と赤は同じ形をしている。クリスマスまで枯らさないようにしなければ…

poinsechia

2016年11月20日

スタメンに本田,香川の両選手の名前がない。チョット驚いたが、他の選手がいい動きをしていた。サッカーワールドカップアジア最終予選の話である。特に清武選手と原口選手目立っていた。原口選手にいたっては解説者が2人も3人もいるようだと云わせるほどスゴイ動きだった。この二人がゴールを決めて、2-1でサウジアラビアをくだした。これで予選通過ラインの二位に上がった。とは云ってもまだ日程の半分が終わっただけで来年の3月から後半戦が始まる。どんな戦いをしてくれるか不安と希望が入り交じっている。先日のスーパームーンのように大きく明るい丸になればと願っている。
毎年この時期、紅葉が進むにつれ仕事も忙しくなってくる。木々が葉を落としていく、落ちると云えば我が輩の体重もおちていく、しっかり食べて頑張ろう。調理師でもある妻が気遣って「何が食べたい?」と聞いてくる、「美味しいもの」と応えるといつも怒られてしまう。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives