気分の良いお盆休み

2017年8月19日

お盆も過ぎわずかではあるが暑さがやわらいだ感がある。とは云っても猛暑日こそ減ったもののまだまだ30度以上の真夏日は続いている。
お盆休みの間、イギリスのロンドンで繰り広げられていた世界陸上選手権。期待されたマラソンなどでもなかなかメダルに届かなかった。そんな中、終盤にきて男子400メートルリレー、決勝に進出したもののタイムは6位、メダルは望めそうにないかなと思っていたのだが、やってくれました。お家芸とも云えるバトンパスでタイムを縮めた。まず1走の多田選手の飛び出しから2走の飯塚選手へ鮮やかなコーナーリングで期待の桐生選手へ良い位置だそしてアンカー藤光選手へ(予選を走ったケンブリッジ飛鳥選手ではなく)そう藤光選手なのである。我が輩としてはやっと出てきてくれたと云う思いである。なぜなら藤光選手はゼンリン(地図でおなじみ)の所属なのである。ゼンリンの関連会社と取引がありその会社では等身大のパネルを飾ったりとみんなで応援しているのを目の当たりにしてきたため以前から注目していたのである。その勢もあり応援に力が入る。さてレースに戻ると桐生選手から藤光選手へのバトンパスは随分工夫していたようで以前より30センチも遠い位置から走りだしたそうです。それでもスムースなバトンパス、前行くのはイギリスとアメリカここまで来たらそんなチームはどうでもよい3位4位争いである。中央6レーンにはジャマイカ、あのウサインボルト選手がいる。9レーン日本の藤光選手、これは厳しい状況か思った瞬間なんとボルト選手が倒れ込んだ。どうした何があった? 引退表明をしていたボルト選手このレースがラストランだった。足を痛めて立ち上がれない… こんなアクシデントもあり日本チームが3位に食い込んだ。38秒04、予選を0秒17上回るタイムだったのは立派である。テレビで大写しになる藤光選手なななかのイケメンではないか今後のレースにも注目! このほかにも男子50キロ競歩で荒井選手が銀メダル、小林選手が銅メダルと活躍した。お陰で気分の良いお盆休みとなった。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives