朝顔に……

2014年9月14日

秋の涼しさを感じる頃になって時季外れの朝顔が、どこからやって来たのか、胡麻に蔓が巻いている。いつの間にか登りつめ花を咲かせて得意顔(朝顔だけに)、ゴマ君は「困”マ」っている様子(親父ギャグになってしまった)。意味合いが違うが「朝顔に釣瓶とられてもらい水」加賀千代女の有名な句が浮かぶ。朝顔を見る度に思い出すことがある。子供が小学生の時、夏休みの宿題に朝顔観察があった。大事に育てていたのですが、スポーツ合宿で何日か家を空けている内に枯れてしまった。さあ大変、生真面目な子供は泣きそうになる。どうする…ココで助け船、知人が朝顔の苗を譲ってくれたのです。それで今度は枯らさないようにと大事に育て、やっと花が咲いたのですが今度は花の色が違う。またまた大騒ぎ、はたして宿題としてどうなったか記憶にないが朝顔を見る度に思い出すエピソードである。人間の脳はスゴイ、日頃はまったく思い出しもしない事柄が何かを見ることによって蘇る。視覚と記憶は密接な関係にあるものだと改めて思ったしだいです。そこで本業の名刺の話、ありきたりの名刺ではなくオリジナルな風合いを持つ活版名刺、もらった方が名刺を見るたびにその人の顔、印象、人柄まで思い出せたら名刺にとって最高の役割をはたすことになるのではないかと思う。われわれ印刷する側もたくさんの人に合った名刺を作るべくバージョンを増やしていかなければと思います。

又、テニスの錦織圭選手決勝進出、惜しくも準優勝でしたが新しい記憶として、我が輩の脳に刻まれました。サッカーでも注目していた武藤選手・柴崎選手がゴールを決めた。若い力が躍動している。これも脳に刻んでおこう!

asagao

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives