2019 文化の日

2019年11月4日

ラグビーW杯は南アフリカの優勝で幕を閉じた。イングランドが優勢かと思っていたのだが…… 個人的には南アフリカのスクラムハーフの〝デクラーク〟選手に注目していた。友人によく似た男がいるのだ。やはり決勝戦でも大活躍であった。開催前はこれほどラグビーが素晴らしいスポーツだとは思っていなかった。日本が予選を全勝で8強に進出したことからスゴイ盛り上がりとなっていった。力強さの中から勇気と感動を与えてくれた。汗を流し、脳しんとうでグラウンドに倒れ、時には血を流しジャージが血で赤く染まった選手を何人も見かけた。屈強な男達の真剣勝負、戦略を練り試合に挑んでいく男達! これほどの戦いをしても ノーサイドとなれば、両チーム握手をし、抱き合って相手をたたえる。これがスポーツといった感じがした。次回は2023年フランスで開催される。今回はにわかラグビーファンであったが次回は「にわか」が取れていると思う。今から楽しみである。
さて、昨日は朝早く(6:00)から博多へ、糸島の道の駅へ鮮魚を求めて出発、眠い目をこすりながらJRで博多駅へ、そこで娘夫婦と合流 まずは美味そうな〝イカ〟をゲット! そのほか産地直送の野菜、果物などを買い込んで次は昼食の為、牡蠣小屋へ、行列の出来ている小屋まである。昨年までは、まさに小屋という感じだったのが立派な建物になっていた。駐車場まで砂利からアスファルトに鋪装されていた。儲かってるな… ここで海のミルクをたらふく食し、夕刻にはこれまた恒例となりつつある天神落語まつりへ、なんと席が最前列の真ん中、噺家さんとは、2・3メートルの距離、声はもちろんのこと演技、表情が間近で見聞きすると全然違う。全て我が輩に語りかけているように思え感動も一際であった。中でも円楽師匠の「ずっこけ」という酔っ払いの話 仕草、表情などさすが〝円楽〟といった感じであった。病気だと云うことで心配していたのだが案外元気そうなので安心した。
そんなこんなで最後は〝ひらお〟の天ぷらで夕食 これが揚げだちということもあって「美味いの何のって」満足!満足! 朝早くから夜遅く(帰り着いたのは23:00を過ぎていた)まで「文化の日」を堪能した一日となった。
さあ、年賀状の印刷も始まったことだし明日から頑張らねば……

 

IMG_0971

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives