8強進出!!

2019年10月14日

歴史が変わりつつある。ラグビーW杯で日本はスコットランドと決勝トーナメント進出をかけて対戦した。台風19号の関東上陸で開催が危ぶまれたが関係者の努力でなんとか開催にこぎ着けた。他のニュージーランド対イタリア、イングランド対フランス、ナミビア対カナダは中止となった。中止の場合勝ち点は2点づつ与えられるという。日本も中止になれば決勝トーナメントへ駒を進めることが出来たが、ちゃんと試合をして堂々と進出したい。
ただ、相手は強豪であるこれまで10回戦って1回しか勝っていない、それも勝ったのは昔の話である。相当の苦戦が予想された。やはり前半最初にトライを取ったのはスコットランドだった。それでも日本の高速ウイング松島選手がトライを取って同点とし、圧巻だったのは2トライ目のオフロードパス(タックルを受けながらもパスをする)をつないで最後は稲垣選手がポール下にトライ。これにはスタンドは勿論、日本中が大拍手、大喝さい。これは勝てるかもしれない。それでもまだ前半、不安は残る。なんだかどきどきしてきた。前半終了間際、ラファエレ選手のキックパスを福岡選手がつかみインゴールへ飛び込んだ。このキックパス最初はごろごろと転がり3バンド、4バウンドめに大きく跳ね上がるように蹴っていると云うから驚きである。これで前半だけで3トライ、スゴイ! 我が輩の予想以上だ。後半早々またも福岡選手が相手ボール奪い独走でトライ! ここからラグビー発祥の地スコットランドの猛攻が始まった。2トライを返されて7点差 大丈夫か?日本 自陣深くに攻め込まれ防戦一方、必死のに守り、耐えて耐えて残り時間との戦い、やっと80分ボールを蹴り出して ノーサイド。やったー バンザイ バンザイ 我が家が歓喜に沸いた。いや日本中が沸いた。ここまで来たら優勝も夢ではない気がする。
一夜明けて、これまでラグビーで盛り上がったり、プロ野球CS戦があったり、サッカーW杯アジア予選があったりとなかなか仕事が手につかない状態が続いていたが、ふと現実に戻ると10月も半ば、前々から進めていた年賀状の見本がようやく出来上がった。2020年(令和2年)は子年、十二支の1番目の干支である。東京オリンピックも控えており、「一番」という言葉が多く聞かれるといい。

mihon

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives