目線は上だった

2019年1月26日

この冬一番の寒さがやって来た。店の前の道路も一時真っ白になり、久しぶりの雪景色となった。今日は前を通る学生さんも足早で通り過ぎて行くが、普段は店の中を覗き込んでいく小学生が多い、印刷に興味があるのかと嬉しく思っていた。先日、店の中を覗いている小学生と目が合った。恥ずかしかったのかすぐにいなくなってしまった。数日後また覗いていたのでそっと様子を見ていると “あれ” どうやら彼の目線は印刷機ではなく、その上のほう視線を追ってみると壁に掛けてある電波時計へ そうか帰りのバスの時間を気にして時計を見ていたのか…  チョット残念。学生さんに限らず時々前を通る人が上の方を覗いて行く、まあ いくらかでも皆さんの役に立っていると思えば嬉しいものだ。
さて、サッカーアジアカップ、決勝トーナメントが始まりこれまで薄氷を踏む思いの全て1点差勝利で勝ち上がってきた。サウジアラビアとの戦いはボールポゼッション(支配率)が約24%ながらも数少ないチャンスをものにし1-0で勝利、つづくベトナム戦はうって変わって68%と支配しながらもPKによる1点で勝利、勝ちはしたもののサッカーとは解らないものだ、決定力不足と云えばそれまでだが、予測不能のゲームその辺りが面白いのかもしれない。ともあれ、ベスト4が出揃った。日本、イラン、カタール、開催国のUAEである。日本は次戦大会最高ランクのイランと対戦する。どれくらいボールを支配できるのかも勝敗とは別に興味津々である。 ガンバレ日本!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives