自然に翻弄される日本列島

2018年9月9日

朝夕は随分と涼しくなり酷暑の夏もやっと終わったようである。これでホットしたのもつかの間、先週より心配していた台風21号(チェービー)が四国から関西に上陸し多大な被害をもたらした。中でも関西空港が大変なことになった。滑走路が水に浸かり、空港への道路(橋)にタンカーが流され衝突、この為空港が孤立状態となり、約8,000人が身動き取れない状態となってしまった。このほかにも屋根や家が飛ばされ、車が横転するなどビックリするようなニュース映像が流れている。それに加え6日未明、北海道南西部で震度7の大地震が発生した。厚真町と云うところの被害が大きく、広範囲で山崩れが起き山肌があらわになっている新聞の写真を見たときはまるで土色の絵の具いたるところに塗ったかのような異様な光景であった。この地震で苫東厚真火力発電所が停止、この影響で北海道全体が大停電となり真暗闇なった。
このところ自然に翻弄されどうしの日本列島、つくづく人間の力のなさを感じてしまう。それでもこの大自然と向かい合わなければならない。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives