台風

2018年9月1日

北九州では久しぶりに30度下回った。酷暑の夏も峠を越えたのだろうか… 35度を超える猛暑の中、この老体よくぞ持ちこたえたと褒めてやりたい。盆を過ぎても涼しくならず、秋は来ないのではないかと思っていたが最近虫たちが鳴き始めた早く秋が来て欲しい。ところが来て欲しくないものがやって来そうである。台風21号、徐々に日本列島に近づいている。しかも「猛烈に強い」強さランクで云うと一番強い台風だという。今日、気象庁の発表によると915hpa 瞬間最大風速70メートルにも達するという。以後少しづつ弱くなるものの「非常に強い」勢力を保ちながら日本に上陸する頃には945hpa 瞬間最大風速60メートルの予想が出ている。なんと云うことだろうこの勢力で当店を直撃されると、店の形が亡くなるのではないかと心配している。
さて、台風21号と呼んでいるが毎年1月1日以後最初に発生した台風を1号、順に数字が大きくなるわけだが今年は数多く発生している。この号とは別に台風に名前が付いている。これは各国の政府間組織である台風委員会(日本を含む14カ国)なるものがあり、2000年から北西太平洋または南シナ海の領域で発生する台風には「名前」が付けられるようになった。この名前の付け方が面白い、加盟国が提案した140個の名前を順につけていくのだが140個が使用されるとまた最初の1番に登録された名前に戻るという。但し、大きな被害をもたらした名前は台風委員会加盟国の要請でその名前を使用しないようになる事があるという。台風の年間発生数は25.6個と云うことで約5年で一巡する。ちなみに1番はカンボジアで「象」を意味する〝ダムレイ〟そして今回の21号は韓国で「つばめ」の〝チェービー〟と云うそうです。
名前はどうであれ被害のないことを祈る。

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives