血が騒ぐ

2018年7月30日

猛暑、酷暑、激暑とも云うべきか? 岐阜県多治見・熊谷などで、とうとう40度超えている。これは災害だと云っている人もいるくらいだ、とにかく暑いそれに加え台風12号がどうしたことか東からやって来た。今までにない経路だという。気象庁が厳重な警戒を呼びかけている。
そんな中、ここ北九州戸畑では27日から例年通り戸畑祇園が開催された28日は台風の影響もあってか風が吹き見物には丁度良い感じであった。担ぎ手にとってもこの風は有難かったようで元気に左右に揺れながら疾走していた。
当店のお客様の中に若い頃は「中」を担いでいたという年配の方が来店し、この時期になると〝血が騒ぐ〟という。太鼓。鉦、笛でのお囃子を聴くとじっとしていられないという。我が輩だけでなく、戸畑っ子は男も女もこの時期は嬉しいようである。(ちなみに山笠は「中」「天」「東」「西」の大山笠に加え中学生が担ぐ「小中」「小天」「小東」「小西」が競演会に出てくる。)下の写真は昼の姿と夜の姿を写したもので一つの山笠がこうもあでやかに姿を変えるのは全国でも類を見ない。ちょうちん山に姿を変えると、さあ夜の競演会である「よいとさ」「よいとさ」「よっさ」「よっさ」とお囃子が変わるのも魅力だ。

noboriyama choutin

 

昼の姿(吉田幸司氏 提供)             夜の姿

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives