王将と玉将

2018年5月20日

このところ気温の差が大きい、一昨日はエアコンをつけてTシャツ1枚で仕事をしていたのだが今日は上着をきている。体調管理が難しい。
さて、将棋の話ですが18日第31回竜王戦のランキング戦で藤井聡太6段が船江恒平6段を破り史上最年少15才9ヶ月で7段に昇段した。これまではこのところCMに良く出ている加藤一二三9段が持っていた(17才3ヶ月)を61年ぶりに更新したという。我が輩も将棋を指したことがあるのだが、30年ほど前友人と対局した際、棒銀戦法でことごとく自陣をやぶられ、50戦して2勝48敗と打ちのめされてからは将棋は指さなっかた。しかし、藤井聡太7段の活躍を見ているとまた将棋がしたくなった。そして友人にリベンジしたいと思っている。最近読んだ本で「盤上の向日葵」という小説の中で王将と玉将があるのを知った。これまで何百回と駒を見つめていたのに気がつかなかった。まさにヘボ将棋である。ちなみに上位者が王将、下位者が玉将を使うのが慣例となっているようだ。
さて、サッカーの話であるが、先日日本代表メンバーが発表された。27人の中に我が輩期待の若手 中島選手が入っていない。何ということか残念でしかたがない。もう一つサッカーのニュース。あのスペイン代表のイエニスタ選手がJ1神戸に来ると云う。これは楽しみだ!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives