2018年5月20日

このところ気温の差が大きい、一昨日はエアコンをつけてTシャツ1枚で仕事をしていたのだが今日は上着をきている。体調管理が難しい。
さて、将棋の話ですが18日第31回竜王戦のランキング戦で藤井聡太6段が船江恒平6段を破り史上最年少15才9ヶ月で7段に昇段した。これまではこのところCMに良く出ている加藤一二三9段が持っていた(17才3ヶ月)を61年ぶりに更新したという。我が輩も将棋を指したことがあるのだが、30年ほど前友人と対局した際、棒銀戦法でことごとく自陣をやぶられ、50戦して2勝48敗と打ちのめされてからは将棋は指さなっかた。しかし、藤井聡太7段の活躍を見ているとまた将棋がしたくなった。そして友人にリベンジしたいと思っている。最近読んだ本で「盤上の向日葵」という小説の中で王将と玉将があるのを知った。これまで何百回と駒を見つめていたのに気がつかなかった。まさにヘボ将棋である。ちなみに上位者が王将、下位者が玉将を使うのが慣例となっているようだ。
さて、サッカーの話であるが、先日日本代表メンバーが発表された。27人の中に我が輩期待の若手 中島選手が入っていない。何ということか残念でしかたがない。もう一つサッカーのニュース。あのスペイン代表のイエニスタ選手がJ1神戸に来ると云う。これは楽しみだ!

2018年5月13日

ゴールデンウィークも終わり、やっと休みボケも治ったかなと思う今日この頃。今日は母の日、義理の母は93才 畑仕事をしながら元気に暮らしている。顔を見に行こうと思っていたのだが、休み明けに仕事がドカッと入り動きがとれなかった。こんど時間を見つけて会いに行こうと思う。
さて、先日来年のゴールデンウィークのカレンダーが欲しいと来店されたおじいちゃん、どうやら京都に行っていたらしく、昨日お土産(蕎麦ぼうろ)をもって来店された。「お陰で来年の予約もしてきました」とのこと。ネットで調べてあげただけなのに何だかこちらが恐縮してしまった。人に親切にしてあげたら良いことが返ってきた。ものよりもその気持ちが嬉しかった。貰った「蕎麦ぼうろ」がひと味ちがって甘く感じた。「又、来年もよろしく」といって帰えられた。何だか良いことがいっぱいありそうな気がしてきた。

2018年5月6日

有田より少し先、長崎県の波佐見町に来ている。昨日まで強かった風もおさまり、5月の爽やかな風が吹いている。空も青い、絶好の行楽日和である。3年越しに狙っているものがあって今年も波佐見焼きまで足をのばしてきたのである。一昨年は気に入った色がなく、昨年は品物自体がなっかた。それが今年は色・絵柄も満足いくものが見つかった。速購入 陶器市の最終日と云うこともあって安く手に入れることができた。ラッキー! 通常価格の約半分 嬉しい! 遠くまで来た甲斐があった。どんなものかと云うと「陶器のテープカッター」である。最初見たときから欲しくてたまらまかった。時が経つにつれだんだん気持ちが膨らんでいたのである。
帰りは気持ちにゆとりが出来たのか、ゆっくり車窓から佐賀平野を眺めていた。麦の穂が西日に金色に輝やいている。ああ「金麦」だ! どこかのビールの宣伝ではないが、飲める人だったら喉が鳴る風景だろう。そろそろ麦秋だ。

cutter

2018年4月30日

ゴールデンウィークを待っていたかのように、真っ白い〝なんじゃもんじゃ〟(モクセイ科ヒトツバタゴ属)の花が咲き始めた。店の近くに〝なんじゃもんじゃ〟通りという場所がある。今、赤いツツジと白いなんじゃもんじゃの競演である。今年のゴールデンウィークは天気も良さそうなので満開から散り始めるのも早いかも? このなんじゃもんじゃ散り際も綺麗である。白い花がぱらぱらと落ちていく。
さて、ゴールデンウィークといえば1週間ほど前、店頭におじいちゃんが現れ、「来年のゴールデンウィークのカレンダーはありませんか?」という。さすがにまだ来年のはない、なにに使うのですかと尋ねると来年のゴールデンウィークに関西に旅行する計画をたてているそうで、いまから予約しないと宿がとれない処らしい、そこでネットで調べてあげたらスゴク喜んでくれた。時々こうしたお年寄りが現れる。コピーをしてほしいなど、コンビニに行っても自分でしてくださいと優しくないとのこと。便利な世の中だけどお年寄りには便利とは云えないらしい。
nanja

2018年4月21日

ツツジの花が美しい、春たけなわと云いたいところだが気温は25℃を超え夏日となっている。処によっては30℃を記録している地域もあり、まだ四月なのに「え〜」という感じである。身体が暑さに慣れていないせいかどうも調子が出ない。
そんな中、美しい花が開いたのがツツジだけではなかった。サッカー女子アジアカップ決勝で日本は前回引き分けたオーストラリアと再び戦うことになった。ヨルダンで行われているだけに日本時間の〝ヨル〟午前2時過ぎのキックオフさすがに起きてはいられない。ビデオに撮り早起きして出勤前に見ることにした。前半から押し込まれる展開にたびたび朝食の箸が止まる。それでもGK山下選手の俊敏な反応で得点与えず、PKをも止めて前半は0-0で折り返す。後半39分途中出場の横山選手が鮮やかにゴールを決めて1-0で勝利した。なでしこがアジアの頂点に立った。久しぶりの快挙である。満開の花を咲かせたのである。アッパレ!アッパレ!
もう一つアッパレなのが FW岩渕真奈選手である。この大会でのMVPを獲得、小さな身体で5試合にフル出場し、華麗なドリブル・テクニックで大活躍、解説者が元アルゼンチン代表のマラドーナに引っかけて「マナドーナ」と呼んでいた。日本のサポーターのみならず世界のサポターを魅了した。もう一つおまけにアッパレ「マナドーナ」!!

松原印刷

〒804-0094

北九州市戸畑区天神1丁目2-30

TEL 093-873-7515

FAX 093-873-7516

info@matsubara-print.com

営業時間 9:00 〜 19:00

定休日 日・祝

archives